愛媛発アイドルnanoCUNEメジャーデビュー!ファンからの花束に感涙
愛媛出身の4人組アイドルユニット「nanoCUNE(ナノキュン)」が2015年1月28日、ビクターミュージック内のレーベルVERSIONMUSICよりメジャーデビューした。 記念すべきメジャーデビュー当日の発売イベントの地は屋外のマルイシティ渋谷1F店頭プラザ。ライブ開始前から冬の寒さにも関わらず沢山のファンが詰めかけた。 ライブでは新曲のジャケットでも披露されている白い衣装を身にまとい、デビュー曲『悲劇のマッチョマン』をはじめカップリング曲でこの日が初披露となる『可憐に咲く、マーガレット』『放課後の奇跡』を含む全5曲を元気いっぱいに披露し会場を沸かせた。ライブ後にはファンから贈られた花束がメンバーそれぞれに渡され4人は喜びの涙ながらにファンへの感謝、さらに今後の豊富と決意を語った。 木下 こころ(きのしたこころ)「今日まで頑張ってきて良かったと思いました。これからも頑張るので応援宜しくお願いします」 門田 茉優(かどたまゆ)「メジャーになっても良い意味で変わらず、良い意味で変わっていきたいと思います。」 大原 歩(おおはらあゆ)「本当に今日メジャーデビューするって事で、ステージを出た時に人がいっぱいいて、とても嬉しくて、最後も拍手をいっぱい拍手をもらえた事が嬉しくてこれからもいっぱい頑張りたいと思います。」 西岡 亜弥実(にしおかあやみ)「ステキな花束を良い意味では変わらずに、成長できるとこは成長して、皆さんがナノキュンを応援して良かったと思っていただけるようなグループになりたいです。」 なお、この新曲リリースイベントは発売週は都内で連日行われ、2月1日(日)の東武百貨店 池袋店8F屋上「スカイデッキ広場」まで行われ、その後も地元松山にて凱旋し2月7日(土)までリリースイベントが行われる事になっている。