「闘会議2015」2日間で3万5786人が大熱狂
「ニコニコ超会議」に加え、今年初めて開催されたゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」 幕張メッセで1月31日(土)、2月1日(日)両日行われ、会場来場者数は3万5786人、会場からの公式生放送を視聴した「ネット来場者数」は574万6338人と発表された。 さまざまなゲーム実況や、ゲームの世界をリアルに再現し、体験できるブースなどが多数出展し、なかには待ち時間100分という行列が出来たブースもあった。また多くの人気芸能人、生主、著名なゲームプレイヤーなども参加し、会場は熱気で溢れた。 ディズニーツムツムのNO.1プレイヤー決定戦では、芸能界一のツムツムプレイヤー佐藤かよが、詳しい解説や攻略法を加えながら、大好きなツムツムへの愛を語り、熱戦を見守った。 「黒猫のウィズ」リアルクイズでは丸高愛実が珍回答を連発し、共演のハマカーン浜谷から厳しいツッコミの応酬を受けていた。 「モンスターストライク」をプレイしにDAIGOがサプライズ登場したり、M.S.S Projectがモンストで奇跡のプレイを魅せファンを沸かせ、また「モンスト家」では”母ちゃん”の代わりに女優・加藤夏希も登場。 「ウチの姫さまがいちばんカワイイ」イベントでは、グラビアアイドルの倉持結香がお姫様衣装で登場するも、クイズのお仕置きで、衣装をハサミで短くされ、自慢のお尻があらわになるという、なんともセクシーな企画も行われ、このイベントのカメラの数が異様に多かった。 戦前から話題となっていたマックスむらいとHIKAKINの夢の共演と言える「炎の三番勝負」では白熱したバトルに会場、ユーザーとも大熱狂、第2回モンスト選抜選挙の結果発表も大いに盛り上がった。 アイドルでんぱ組.incがLINEのリズムゲームに挑戦したのも話題に。また、影山ヒロノブがスペシャルLIVEを行ったりと、ゲームを軸にした一大エンタテイメントは大盛況のうちに幕を閉じた。 そして早くも「闘会議2016」の開催が発表された。次回は会場を拡大し、2016年1月30日(土)、31日(日)に幕張メッセで開催される。まだ1年先だが今から楽しみだ。 【クリック】闘会議速報レポートは!