アイドルネッサンスが魅せた初々しい可能性
2015年期待のアイドルグループであるアイドルネッサンスが、@JAM the Field Vol.7に参加。 このイベントでは、近年勢いのあるライブ系アイドルが多数参加。その中で、オープニングアクトという大役を任された。アイドルネッサンスは「名曲ルネッサンス」をテーマとして様々な過去楽曲を歌とダンスによってカヴァーしている。 この日一曲目は岡村靖幸『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』からスタート。岡村靖幸の癖のある名曲を爽やかにカバー。アイドルネッサンスのフィルターを通すことで、青春の匂いをより感じさせる原曲とは違った魅力を吹き込む。「青春って1、2、3ジャンプ」というキラーフレーズで会場のテンションもマックス。 そのまま、新曲となる大江千里の『YOU』。1987年に発売された大江千里のLIVEでも人気の高い楽曲。こちらも軽やかにカバー。アイドルネッサンスの良いところは、日本の歌謡史に残る名曲たちを気負いすることなくカバーし、メンバーがノビノビとパフォーマンスすることだ。 最後は彼女たちの代名詞にもなっているBase Ball Bear『17才』を披露し、しっかりと大役を務めあげた。 様々なアイドルを排出し話題のアクターズスクール広島出身の石野理子を中心に、パフォーマンスも安定してきているアイドルネッサンス。まだまだ、名曲は数多く存在するだけに、どんな楽曲を今後は披露していくのか楽しみだ。