callme初お披露目 謎に包まれていたベール脱ぐ
1日(日)、渋谷TSUTAYA-O-EASTで行われた「@ JAM the Field vol.7」にcallme(コールミー)が出演し、初お披露目ライブが行われた。 昨年末に「更なるアーティスト力をアップするためのユニット」と発表された以外は、謎に包まれており、満員の会場の観客の視線は暗転したステージに集まった。 暗闇の中、メンバーがステージに登場すると、一目でも早く見たいという気持ちからか会場が静まりかえり、新曲『To shine』の歌い出しとともにスポットライトでcallmeのビジュアルが映し出されると、ショートヘアとモンドリアン調のワンピースとタイツという普段見慣れたDorothy Little Happyとは異なるビジュアルに驚きの声が会場内を飛び交った。 歌唱後、「みなさん、callmeです!よろしくお願いします!」と挨拶すると、観客も熱い声援で応え結成を祝福した。 リーダーのRUUNA、楽曲担当のMIMORI、振り付け担当のKOUMIの3人は、「今春高校を卒業する3人で結成しました。今回は“完全セルフプロデュース”、衣装やメイクといったビジュアルも自分達で考えました。やるのであれば、しっかりこだわりを持って、良いものをお届けしたいと思います。また、Dorothy Little Happyとは違う一面を見せられたらと思いますので、楽しみにしていてください。」と話し、結成にあたっての強い想いを語った。 ライブは3月4日発売のデビューシングルに収録されている『Once again』を含む全2曲を披露。最後にリーダーのRUUNAより「なんと4月18日に、ここTSUTAYA-O-EASTでワンマンライブをやります!」と嬉しい発表がされた。ファンからの期待の歓声と拍手が送られると3人で深々と頭を下げライブは終了した。デビューを迎え一回り大きく前進したcallmeの今後に注目してほしい。