丸高愛実 闘会議でクイズ「猫の種類答える問題」に「タマ!」
幕張メッセ国際展示場にて開催されている「闘会議2015 ~ゲーム大会とゲーム実況の祭典~」。 「コロプラ闘会議プロジェクトブース」では、「黒猫のウィズpresents リアルGate Defenders』と題し、実際に「黒ウィズ」で出された問題を、5組のゲスト解答者が一丸となって敵を倒していくクイズイベントが行われた。 百花繚乱とさとるりのハイテンションなMCでイベントがスタート。当日の勇者はハマカーン(浜谷健司、神田伸一郎)、丸高愛実、ミス慶應の角谷暁子、コロプラ浅井大樹プロデューザーチームの5組。 答えが分からないようにユーザーの書き込みをシャットアウトされてクイズが始まる。4択のクイズは順調だったが、2ステージの書き問題では苦戦。 特に丸高は「ゴルフで二打少なく上がることは何?」という問題で、見ることのできないユーザーが書き込むヒントをさとるりが拾い「プロ野球チームの名前」というヒントから、フリップにカタカナで「キョジン」と書いて、浜谷から「こわい!こわい!」とツッコミを受けていた。しかしユーザーから「丸高ちゃんかわいいからいい!」と書き込まれ「そうですか♪」と笑顔を見せた。(正解はイーグル) さらに60秒以内に5人が順に答えていくステージでは、「猫の種類を5つ答えよ」の問題に「えっ、なんだろう?タマ!」と猫おなじみの名前を答え、また浜谷から「タマってなんだよ!」と激しいツッコミを受けていた。 5文字が答えの問題を1人ずつ答えるステージでは、「丸高愛実の5枚のDVDの共通するタイトルは?」というサービス問題に余裕の笑顔を見せると、天敵と化した浜谷が「こんな画、問題に集中できないだろ!」と毒付く。 そんな浜谷は「マナミイロ」という答えの1文字目担当にも関わらず「ア」と書き不正解に。「アイミと思ってた…と言いながらもこれは「マ」だと一部を消して応戦!しかしユーザーから「不正、不正」と書き込まれ敢え無く撃沈し、丸高の機嫌も損ねてしましった。 答えが分からず苦戦する5組に時折ユーザーの書き込みを少しの時間見られる特別ルールもあり、みんな書き込みの中から正解を前のめりで見入る場面も。 また「J1のサッカーチームを5つ答えよ」では、浅井Pが「ジュビロ磐田」と答え、一時はクリアとなったが、ユーザーから「ジュビロはJ2!」という書き込みが溢れ、修正するハプニングも。これで浅井Pは「ハイエーテル5つと進化素材1日全開放」両方を提供することになってしましった。 ユーザーの反応を見ながら、ある時は頼りながら進行するニコ動ならではのクイズ大会だった。 【クリック】闘会議速報レポートは!☆グラビアアイドルのセクシーショット満載!【クリック】