片平里菜 プロ野球中継番組テーマソングを書き下ろし
本日2月1日から各球団一斉に春季キャンプが始まり、シーズン開幕に向けて本格的に始動するプロ野球。プロ野球ファンは様々な話題で盛り上がる待望の季節の到来だが、そんな中、音楽の話題でも注目の情報が発表された。 これまで2年連続でスポーツ専門テレビ局「J SPORTS」のプロ野球中継番組「J SPORTS STADIUM」のテーマソングに自身の楽曲が起用されている女性シンガーソングライター、片平里菜。 今回、片平里菜が3年連続で同番組テーマソングを担当することが分かった。この番組のテーマソングを3年連続で同一アーティストが担当するの は初めてのことで、しかも今回は番組初の書き下ろしテーマソングとなる。 “J SPORTS STADIUM2015中継テーマソング”として書き下ろした新曲のタイトルは『スターター」。 2013年の『baby』、2014年の『Hey boy!』に続き3年連続3曲目となる起用になるが、今回は番組の為に書き下ろしただけあって白熱する試合にふさわしい、疾走感溢れる楽曲が完成した。 J SPORTSの山木氏は「更なる高みを目指し、依頼させて頂きました。」と今回の起用に関してコメント。 片平里菜も「野球用語ではスターターは先発投手ですが、先導を切って何かを始める人、流れを変える人、そんな意味合いを込めました。躍動的で 疾走感のある野球中継にぴったりな曲です。野球の世界に力をもらいながら、私も自分なりにもっともっと音楽を盛り上げていきたいと思います。」と意気込みを語っている。 自身も昨年5月にはMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で開催されたプロ野球セントラル・リーグ「広島vs中日」戦で初の国歌斉唱を体験したり、野球と音楽が融合したフェス「風とロック芋煮会2014 風とロックBASEBALL 打て!弾け!歌え!」では福島選抜チームの選手として試合に出場し、人生初ヒットを打つなど、野球との関わりも年々増えている。 気になる新曲『スターター』は、2月1日から放送される広島、中日、オリックス、東北楽天のキャンプ中継番組から使用される。なお、この楽曲 の発売などは未定となっている。 【J SPORTS 制作部 副部長 野球担当 山木氏コメント】2013年僕らJ SPORTSは新たな「挑戦」の時でした。そんな時デビューしたての片平さんと出会い、それから2年、片平さんの曲と共に走り続けました。そして今年2015年。J SPORTSとして「更なる高み」を目指す今年、この2年でが感じられたことをテーマソングへ、と書き下ろしを依頼させて頂きました。 【片平里菜コメント】今回J SPORTSの中継テーマソングを書き下ろすことが出来て、本当に嬉しく思っています。昨年は実際に球場へ行きそして国歌斉唱を務めさせていただきました。忘れられない素晴らしい経験になりました。野球用語ではスターターは先発投手ですが、先導を切って何かを始める人、流れを変える人、そんな意味合いを込めました。躍動的で疾走感のある野球 中継にぴったりな曲です。野球の世界に力をもらいながら、私も自分なりにもっともっと音楽を盛り上げていきたいと思います。 片平里菜楽曲はこちらから