渡辺麻友がまさかの結果に号泣?AKB48「ジャンプ女王」は誰に!
AKB48の1月21日に発売された6枚目のアルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』発売を記念したニコ生特番が秋葉原・AKB48劇場から生中継された。 アルバムタイトル『ここがロドスだ、ここで跳べ!』にちなみ、「ここがニコ生だ、ここで跳べ!」と題し、メンバーがフリースタイルでジャンプを披露、それをユーザーに評価してもらい、もっとも跳び姿が素晴らしかった1人を「ロドスクイーン」として賞賛しようという特番だ。当日はAKB48の常設劇場にニコ生クルーが潜入、公演直後になんと劇場のロビーで生放送がスタートした。 AKB48から選りすぐられた精鋭8名がエントリー。前半戦は大家志津香、倉持明日香、高城亜樹、小笠原茉由が元気に登場。 いきなり小笠原が「わたしニコ生やってまして「まーちゅんチャンネル」と言います!」と宣伝。高城が「職人さん可愛いの送ってください!」と動物などのアスキーアートをおねだりすると、すぐゴリラが画面に登場し、メンバーは大はしゃぎ。 今日の公演の感想を聞かれ、大家が「公演前の円陣の時に「今日いちばん頑張った人に私のLINEスタンプをプレゼントするよ!」って言ったんです。で、そのスタンプはなんと“ゆきりん”がもらうことになりましたあ!盛り上がりましたあ!」と笑顔で報告した。 そして本題、「ロドスクイーン」を賭けたジャンプ選手権のスタート。五十音順で大家から。「ジャンプ力や高さだけでなく、表現力もユーザーさん見てますから。」とMC星野卓也がアドバイス。すると「はい!では、ドゥルルルルルージャン!」と漫才コンビピスタチオのマネでメンバーを沸かせた大家は「鳥!」と一言。「テキトー」とコメントが流れる中、「3!2!1!跳べ!!」の掛け声のあと大きく羽根を広げるポーズで高く飛翔!大家は自画自賛し「いいところはこの高さと、見えそうで見えないパンツ!」と完璧な計算の上でのジャンプだったことを強調した。 続いて小笠原が「今ハマっているピスタチオさんのマネで白目を向いて跳びます。」とこちらもピスタチオ推しの発言。彼らの一瞬白目を向くギャグで跳んだ。 続いて倉持は「この髪を活かした飛び方で。」と跳びながら長い黒髪を靡かせた振り返りジャンプを見せ、メンバーやユーザーから「これシャンプーのCM?!」「可愛いしきれい!」と絶賛されていた。 アスキーアートがお気に入りの高城は「うまく飛べたら、犬送って!」とお願いして、今日の衣装を最大限に活かした、スカートひらりのアイドルジャンプを披露。すると職人からお望み通り犬のアスキーアートが流れ、絶叫とともにモニターに駆け寄っていた。 これで前半戦が終了かと思いきや、星野がリベンジやりたい人は?と問いかけると間髪を入れず大家が挙手。リベンジジャンプは、“ゆきりんがやりそうなアイドルジャンプ”。満面の笑顔で可愛く跳んでみせたが、ユーザーから「ドスン!」や「ロドスン」と書き込まれご立腹だった。 後半戦は竹内美宥、渡辺麻友、柏木由紀、田名部生来の4名が登場。 公演の感想を聞かれ渡辺が「きょうは…盛り上がりました。」と変な間が空いた言い様に全員からツッコミがあったが、さらに「あ、前半盛り上がってなかったです。」と暴露、すかさず竹内が「でも段々盛り上がって、最後大家さんが歌った時がいちばん盛り上がりましたね。」とフォローしていた。渡辺も高城と同じく職人に「ふなっしー、はよ。」とお願いしていたが、反応がなかった。 後半戦は柏木からスタート。「しーちゃんとまーちゅんは情報入ったんですが、あきちゃともっちーは分かんないんだけど、かぶらないか。してみたいジャンプがあって、非常口のポーズ!これを空中でやるとかっこいいんじゃないかと思って。実はわたし走り幅跳びの選手だったんでジャンプ力は自信有りです。」と宣言。勢いよくきれいに跳んだのだが、踵に手が当たってしまいポーズがずれてしまった。しかし「シュール」「天才」「さすが師匠」「笑いの神が降りた」などのコメントが並んだ。 続いては竹内。「わたし基本的に時間ギリギリに行動するので、跳んだり走ったりよくしてます。それにバレエやってたので…テーマは空中浮遊です!」と静かに語り、しなやかなジャンプを披露した。スローで再生すると足の形がさすがにバレエ経験者という格好で、メンバーから拍手が起きていた。 3人目は田名部。「とりあえず高く跳びます!そのあとちゃんとロドスします」と宣言。開脚跳びで高さも充分だった。跳んだ後の『ここがロドスだ、ここで跳べ!』の振り付けが無表情なのがメンバーから大ウケで、スロー再生の時「跳んでからの~!ロドス~!」とみんなで言い合い大爆笑していた。 ここで星野からツッコみが。跳んだ後に行っていたユーザーアンケートの結果待ちの間、渡辺と柏木が画面の外で尻相撲をやり、ノリノリではしゃいでいる事実が明らかになった。そして最後に満を持して渡辺が登場。「え~、震えが止まらない」と言いながら、格闘家並みのウォーミングアップで気合を入れる渡辺。テーマは「おれがロドスだ!3日前から決めてました(笑)」。いつもの笑顔はなし、最後も「一世風靡セピア」風の勇ましい決めポーズ。「これがロドスです!」と全力を出し切った清々しい表情で締めくくった。が、アンケートの結果に納得が行かず、「私がロドスなのに!」と地団駄を踏んで悔しがり、相当な落ち込みように柏木が必死で慰める場面も。 プレミアム放送内では前半戦、後半戦メンバーのジャンプを相互に見ながら8名のジャンプの総合結果が発表された。 またまたピスタチオのドラムロールのマネが飛び出し、7位・小笠原茉由/6位・柏木由紀/5位・竹内美宥/4位・高城亜樹/3位・田名部生来/2位・渡辺麻友までが順次発表され、やはり渡辺が2位だったことがどうしても納得いかないらしく、また「悔しい」と声を絞り出した。しかし「こんなロドス久しぶりに見たわ」のコメントに笑顔を見せた。なんとこのタイミングでふなっしーのアスキーアートが流れ、渡辺が絶叫して喜びを爆発させた。 最下位(8位)は大家志津香。「ゆきりんのマネでリベンジまでしたのに。」と悔しそうだったが、柏木が「私が最下位みたいじゃん。」と道連れにされた雰囲気に不満げだった。 そして栄えある「ロドスクイーン」は長い黒髪をなびかせた倉持明日香という結果となった。 「まさか1位になるとは思ってなかったです。かなりの接戦だったですね。見てくれた方ありがとうございました。」とさすがのきっちりとしたコメントに対し、小笠原は三度ピスタチオのマネで「ありがとうございましたっ!」と白目を剥き、大家は「ジャンプがこんなに身体に負担を掛けるものだと思わなかったので、痩せたいと思います!どっすーん!」と笑いを意識したコメントに終始した。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】AKB48が生で跳びまくる!?『ここがニコ生だ、ここで跳べ!』6thアルバム発売記念特番