AKB48岩佐美咲バースデー歌唱イベントで「ローラ」が応援に
AKB48初の演歌歌手としてソロデビューした岩佐美咲が、20歳の誕生日を迎えた30日、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で「20歳の決意」と題したバースデー歌唱イベントを開いた。 朝から雪という悪天候にもかかわらず約1000人のファンが詰めかける中、「今日が20歳の誕生日ですが、自分が想像していた20歳はもっと大人だったので、全然何も変わっていなくて大丈夫かなと心配しています。みんなから子ども過ぎると言われるので、もっと大人にならないといけないなと思います。今年は、大人になれるような1年にしたいですね。AKB48のメンバーの中で、今年は22人が20歳になりました。今日は、そのAKB48の成人式のときに着た着物を着てきました」と笑顔であいさつ。 愛称の「わさみん」コールが飛び交う中、演歌ソロ第1弾『無人駅』をはじめ、カバーアルバム『リクエスト・カバーズ』に収録の松田聖子のカバー曲『赤いスイートピー』AKB48の大ヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』の演歌バージョン、最新シングル『鞆の浦慕情』の全4曲を熱唱。 途中、20歳のお祝いにと、製作期間3週間をかけた特注のバースデーケーキがスタッフよりプレゼントされ、大感激。「今年は体調管理に務めたいですし、もっと料理ができるようになりたいですね。そして、ファンの方々の満足度ナンバーワンを目指したい」とアピールし、20歳の決意を書に託して「飯」という直筆文字を紹介。「お酒に合うような大人の食事をしていきたいですし、グルメになりたいです。私はおいしいものを食べているときが一番幸せなので、今年は舌を大人にしたい」。 そんな彼女が「福山・鞆の浦応援特別大使」を務めながら歌っている新曲「鞆の浦慕情」の舞台になっている広島・福山市を代表するバラのイメージキャラクターで、「わさみん 鞆の浦慕情応援隊長」でもある「ローラ」ちゃんが応援に駆けつけ、2人でバースデーを喜び合った。 また、スタッフがステージ上に用意したくす玉を自らの手で割ると、中から「祝 第4弾シングル 4/29発売決定!!」(タイトル未定)という垂れ幕が出てきて、その予期せぬサプライズに驚きながら「私自身もいつ新曲が出るのか楽しみにしていましたので、本当にうれしいですね.今年はその新曲に命をかけて頑張ります。20歳になり、これから皆さんにたくさんのすてきな歌を届けられるようもっと日々精進して、歌に真剣に向き合っていきたいと思っています。皆さんにそういう気持ちが伝わるような歌を届けていけるよう精いっぱい頑張りますので、これからも応援してくださいね」と話していた。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】