AAA新曲 初のハリウッド映画とコラボ
2月20日より公開されるハリウッド映画「きっと、星のせいじゃない。」の日本版イメージソングに、書き下ろしの新曲『Lil’ Infinity』が決定したAAA。 2/25にシングルリリースが決定している『Lil’ Infinity』のジャケット写真が本日AAAのオフィシャルHPで解禁となった。 映画「きっと、星のせいじゃない。」は不治の病にかかった若い男女の恋愛を描いた作品。メンバーの宇野実彩子はこの曲について「『Lil’ Infinity』は人と人とのつながりや出会い、大切な人との運命を温かく歌った楽曲です。みなさんの大事な人を想いながらこの曲を聞いて、より絆を深めて頂ければと思います」とコメントしている。 また、2015年9月にデビュー10周年を迎えるAAAは、自身初となるアジアツアーや国内のアリーナツアーに加え、10年分の感謝を込めて、シングル7ヶ月連続リリースすることを発表。そんな連続リリースの第2弾シングルとなるのが、この映画のために書き下ろされた新曲『Lil’ Infinity』だ。 <70億の命の中で Your love運命に出会えた> <この瞳の中輝く君を 一瞬一秒たりとも見逃さずにいよう>と歌うこの曲は、運命の相手と巡り合う映画「きっと、星のせいじゃない。」の主人公・ヘイゼルとガスのように、たったひとりの“君”に出逢えた奇跡を歌うミディアムチューン。 なお、AAAがハリウッド映画とコラボレーションを果たすのは、今回が初の試みとなる。映画配給元の20世紀フォックス映画は、「不治の病にかかった若い男女の恋愛を描きながら、眩しいくらいの明るさと、抱えきれないほどの希望をくれる本作の魅力を伝えたいと考えたとき、AAAさんの持つキラキラとした爽やかなグループイメージが想起されました。」と今回の起用理由を説明。 「主人公のヘイゼルとガスは、自分の運命を決して悲観することなく、周囲への思いやりとユーモアの精神を常に持ち続ける、とてもポジティブで自立したキャラクターです。そんな二人の姿と、各々がソロアーティストや役者として多方面で活躍する7名のメンバーで構成されたAAAさんの魅力が重なりました。作中では、ガスとヘイゼルのピュアな恋愛だけでなく、友人アイザックとの賑やかな友情関係や、親子の絆も描かれます。男女混声ユニットであるAAAさんだからこそ出せる、暖かなハーモニーや賑やかなグループ感が、作品の魅力を一層深めてくれました。」と今回のコラボレーションに自信をのぞかせている。 是非、映画「きっと、星のせいじゃない。」と共にAAAの10周年を飾る新曲『Lil’ Infinity』にも注目してほしい。 ・AAAラインナップはクリック!