MAN WITH A MISSION想い出の渋谷eggmanでサプライズ発表
1月29日、5周年記念ツアー『5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR』のファイナルとなる渋谷eggmanでの公演を行ったMAN WITH A MISSION。 ツアーコンセプトが「活動初期からお世話になっているライブハウスでもう一度ワンマンライブを」というオオカミ達の強い意志の元実施されたツアーだが、この日は2011年7月3日に、初のワンマンライブを行った渋谷eggmanという地でのメモリアルな公演となった。 この日のライブは、実にMAN WITH A MISSIONらしい心憎い演出が。セットリストの1曲目が、今年2月11日にリリースされる『Seven Deadly Sins』でスタート。その後は、現在から今までの活動4年間の『時を遡る』セットリストで構成されていき、リリースされた最新アルバムから始まり、年代を遡って行く楽曲順に並べられていた。アンコール最後に演奏された曲は、2010年に彼らが初めてリリースしたEP盤の表題曲『WELCOME TO THE NEWWORLD』で締めくくるという、過去4年間の活動をフラッシュバックしていくような展開で繰り広げられた。 奇跡的にチケットを入手できた350人のファンと、ライブハウスのスタッフにこのライブを捧げているかのような、感動的な楽曲順で構成された、とても印象的なライブとなった。実は、今ツアーの初日となった大阪・心斎橋club DROPでは渋谷eggman公演のセットリストとは真逆に活動初期からを順に追った楽曲順で演奏されていた事実も付け加えておく。 そして、この日のライブでは、春に行われるリリースツアー『Seven Deadly Sins Tour 2015~七つの対バン~』の全公演を発表。7都市にて全会場2DAYS、全14公演が公開された。 今ツアーはZeppTokyoを始めとするライブハウスでのツアーとなっており、壮絶なライブとなる事必至。また、本日発表されたサブタイトル【七つの対バン】の意味するところの真意は未公開である為、今後の情報公開が待たれるところだ。 更には、この日のライブ中の映像で公開予告があったのに合わせ、ニューシングル『Seven Deadly Sins』のジャケット撮影のドキュメンタリー映像の後篇と、通常盤のジャケット写真を併せて公開。今作のジャケット撮影は、カナダのホワイトホースで行われていた事や、実は『オーロラ』を見に行く事が目的だった事実が、この映像で明かされている。先日、同シングル初回生産限定盤『犬ぞりを操る狼』ジャケットは公開されていたが、実際のオーロラをバックに撮影されたTOKYO TANAKA(VO)の写真が、そのまま通常盤のジャケット写真となっている。 【MAN WITH A MISSION『5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR』2015.1.29 shibuya eggman セットリスト】 01:Seven Deadly Sins02:evils fall03:higher04:database05:Wake Myself Again06:Emotions07:Take What U Want~Drums & DJ session~08:フォーカスライト(アコースティックVer.)09:Get Off of My Way10:FROM YOUTH TO DEATH11:distance12:Feel and Think13:DANCE EVERYBODY14:FLY AGAIN15:NEVER FXXCKIN’MIND THE RULES16:DON’T LOSE YOURSELF17:WELCOME TO THE NEWWORLD ☆MAN WITH A MISSION聞かないと損をする!☆