yoshimi目標達成記念ライブにI WiSH「nao」、美女♂menZら集結
今や伝説として語り継がれているアイドルグループ「d-trance」のメンバーとして活動。現在は、ソロシンガー及びd-girlsの一員としても活動しているyoshimi。 昨年よりソロとしての活動を行うにあたり、彼女は一つの目標を掲げ、それを形にすべく行動し続けてきた。それが「1stシングル『monochrome』を500枚ではなく500人に届けよう」「そのCDを購入してくれた人たち全員を販売達成記念のワンマンへ無料招待しよう」ということだった。 その目標を昨年中に達成したことから、yoshimiは1月31日(土)にTOKYO FM HALLを舞台に「yoshimi 500人達成記念ワンマンライブ! Second position ~君ともう一度出会いたい~」を開催することを発表した。 先に入場に際しての諸条件を伝えておこう。条件は、以下となる。「ご購入時に配布いたしました、シリアルNo入り無料ご招待チケット(はがきサイズ)をお持ちの方」「500人達成後CD購入者にお渡ししているご招待チケット(はがきサイズ)をお持ちの方」「ワンマンライブご招待チケット(名刺サイズ)をお持ちの方」「当日入場時にCDをご購入の方」。大切なのが「当日にCDを購入しすれば、この日のライブを観れる」ということ。CDは500枚限定ではなく、数多く作製。あくまでも「500枚を500人に届ける」ことを一つの指針にしていたことを理解していただきたい。 この日のイベントには、ゲストで数組が参加。登場するのが、nao/美女♂menZ/d-girls/su-a-shiという面々。先にも触れたようにd-girlsは、yoshimiがソロと同時に活動しているユニット。美女♂menZは、桜塚やっくんが結成した”メンバー全員が男性のガールズバンド”。つまり、女装バンドだ。そして、今回一番気になる存在としてスポットを当てたいのが、nao。 シンガー川嶋あいと結成したユニットI WiSHのメンバーとして「あいのり」の主題歌『明日への扉』を手がけ、大ヒットを記録。現在もnaoは作曲家/サウンドプロデューサーとして、国内外のアーティストたちの楽曲制作やプロデュース業を手がければ、アーティストの育成にも力を注いでいる。 そのnaoが、yoshimiのステージへゲストで登場。naoがyoshimiのために作った楽曲をnao自身のピアノ演奏で披露することが決定した。さらに、1月31日には、yoshimiの1stアルバム『message』も会場で発売になる。このアルバムには、美女♂menZの透chとなっち♂提供による楽曲も収録になっている。 この日のライブは、yoshimiが掲げた一つの目標を達成したお祝いイベントでありながら。同時に、今のyoshimiと関連の深い人たちや、yoshimiの活動を支える楽曲を制作している人たちを会した内容にもなっている。 今現在の。そして、これからのyoshimiの活動をいち早く知るうえでも、見逃せないイベントになりそうだ。繰り返しお伝えするが、たとえ招待チケットがない方でも、当日にCDを購入すれば入場は可能なので、ぜひ会場へ足を運んでいただきたい。(TEXT:長澤智典)