武藤彩未最新MV 4分50秒ワンカットで撮影
昨年末、赤坂BLITZにて行われたワンマンLIVE[OWARI WA HAJIMARI]にて圧倒的なステージングを魅せ、来月25日には2nd Album『I-POP』をリリースする武藤彩未。 そのアルバム『I-POP』の表題曲となる『パラレルワールド』のミュージックビデオが公開された。 今回の作品は、暗闇に迷い込んだ赤ずきんに扮し、辺りに散らばっていた柱が動き始め、様々に形を変えながら、赤ずきんを導く道となり進んで行くというもの。その姿は、世界中で語り継がれているグリム童話「赤ずきん」の様な、ファンタジーな作品となっている。 またこの作品は、4分50秒に及ぶワンカットで撮影が行われ、武藤彩未はもちろんのこと、柱を運ぶ30人のダンサーや、撮影・照明・ワイヤーアクションクルー、一つでもタイミングが合わないと成功しない、シビアな環境で撮影されているのも驚きだ。 さらに今回の解禁と合わせて、日本語・英語の2カ国語の歌詞を字幕が設置されており、映像と共により楽曲の世界観を感じ取る事ができる仕掛けとなっている。EDMを主体としたダンサンブルでPOPなデジタルな楽曲のサウンドと、マンパワーを駆使しアナログで築かれたミュージックビデオを共に堪能してみよう。 ・武藤彩未の曲必聴!ドワンゴジェイピーで!