中森明菜 Kiroro『長い間』歌う映像を公開
中森明菜の本格的な復帰作となった新曲『Rojo -Tierra-』が20年4か月ぶりにオリコンランキングでトップ10入りを果たした。 1月21日に発売された5年4カ月ぶりとなるシングルで、2月2日付オリコン週間シングルランキングで初登場8位を獲得。このシングルでの中森明菜のシングル作品トップ10入りで、通算29作目。20年4カ月ぶりのトップ10入りはシングルのインターバルトップ10入り記録で、女性アーティスト歴代3位に相当する。 今回の最新楽曲『Rojo -Tierra-』がシングルチャートトップ10入りし、着うた(R)ランキングではなんと1位を獲得、さらに昨年8月6日にリリースされた 初のオールタイム・ベストアルバム2作品は合計30万枚の売り上げと大ヒットを記録中であり、昨年年末にはNHK紅白歌合戦出演を果たしており、老若男女 幅広い世代で中森明菜ブームが起こっている。 その中、シリーズ合計150万枚を記録し、昨今のカバーブームの火付け役となった、カヴァー企画『歌姫』の最新作『歌姫4』が本日発売となり、その初回限定盤特典映像の一部を公開となった。 内容はアメリカ ロサンゼルスで撮影された『長い間』(Kiroro楽曲のカヴァー)の歌唱シーンとメーキングショットが編集され制作されており、セクシーな黒の衣装で歌う中森明菜の独特な世界観がとても印象的な映像となっている。 カヴァー企画 『歌姫』の第4弾カヴァー・アルバム『歌姫4 -My Eggs Benedict-』は、企画段階から本人自ら参加し、選曲を含め基本的なコンセプトを「ラブソング」と設定。 楽曲的には70年代の後半~2000年代の名曲の中から、本人の心の中に残っている作品が選曲されており、中森明菜ワールドを体感できる素晴らしい作品に仕上がっている。