元宝塚遅咲きのトップスター大空祐飛がドラマ初出演で「男装の麗人」役
NHKの放送90年ドラマ「紅白が生まれた日」(3月21日放送、主演・松山ケンイチ)に、元宝塚・宙組男役トップスターの大空祐飛が出演することが発表された。大空はこれが初めてのドラマ出演となる。 大空祐飛といえば宝塚歌劇団の中でも遅咲きのトップスターとして有名で、トップになるまで17年を擁した異色の男役。華やかな歌やダンスよりも、演技力を着実に積み重ね、ファンに後押しされる形でトップに就任し絶大な人気を誇った。 2013年に退団後、この先も役者を続けるか否か悩みぬいた上で、女優として再出発を果たしたのが蜷川幸雄演出の舞台「唐版 滝の白糸」(2014年)での主演だった。台本は唐十郎のアングラ演劇で、宝塚の華麗で優雅な世界とは対極をなす世界にいきなり足を踏み入れたのだった。 その後も、泉鏡花原作の「天守物語」を三上博史や須賀貴匡らに加え、歌舞伎、能、狂言の役者陣と異色のコラボで臨んだかと思えば、昨夏には大空本人の企画プロデュースで、ポーランド出身の画家タマラ・ド・レンピッカの生涯を、歌とダンスと映像を交えた見事な作品として演じきった。 今年3月には風間杜夫、豊原功補との濃密な3人芝居「死と乙女」(3/19よりシアタークリエ)も控えている。 このドラマで大空が演じるのは、昭和20年の終戦からわずか4か月後の大晦日に放送され紅白歌合戦の前身となった「紅白音楽試合」で、初の紅組の司会を務めた水の江瀧子。男装の麗人と呼ばれ、当時「ターキー」の愛称で国民的人気を博した大スターだ。 元宝塚の女優の中でも、異色のキャリアを積み重ねてきた大空の男装姿がもしかしたらこのドラマでまた見られるかもしれない。他の出演者に、本田翼、miwa、六角精児、星野源、高橋克実ら。