宮脇咲良ソロ曲初披露で大粒の涙
「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」公演4日目となった本日は、昼公演で110位から81位まで、夜公演で80位から51位までのランキングが発表された。 リクエストアワー4日目からは、昼・夜の2公演が行われ、カウントダウンも一気に加速。ランキングは、ついに100位圏内に入った。 昼公演では、SKE48は5曲、NMB48は5曲、HKT48は4曲と姉妹グループの楽曲(14曲)がランキングの約半数を占めた。 ソロ曲も目立ち、柏木由紀は99位『Birthday Wedding』と84位『ショートケーキ』の2曲がランクインし、多田愛佳の『へそが曲がる』が93位、山本彩の『夢のdead body』が82位にそれぞれランクイン。90位『動機』も本来は島崎遥香のソロ曲ですが、昨年と同様に一人では歌わず(昨年は木﨑ゆりあと披露)、今年は“動機”だけに“同期”の9期生と一緒に披露する特別バージョンとなった。 アンコールでは、『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録されている指原莉乃のソロ曲『切ないリプライ』に対し、“指原親衛隊”のはっぴを身にまとった“なこみく”こと矢吹奈子と田中美久が前説し、他のHKT48メンバーもバックダンサーとして、尊敬する支配人のステージを盛り上げた。 夜公演は、ランキングだけでなく、MCコーナーも公演を盛り上げた。 ふたりだけのMCは約1年ぶりという柏木由紀と渡辺麻友の“まゆゆきりん”、高橋朱里と川栄李奈の“じゅりっちゃん”、このMCだけが本日の出番という田中菜津美など、それぞれが自由なトークを展開。 中でも、渡辺麻友は、2日目に披露した157位『やさしくさせて』(渡り廊下走り隊シングル『アッカンべー橋』のカップリング)の際、「すごい静けさだった。アウェーだった」と珍しく自虐的に振り返り、会場の笑いを誘った。 ランキングも、西野未姫が他のメンバーも心配するほどの激し過ぎるダンスを見せた“てんとうむChu!”の68位『君だけにChu!Chu!Chu!』、岩佐美咲がしっとりと歌い上げた演歌67位『無人駅』、小嶋陽菜率いる“こじ坂46”の54位『風の螺旋』など、バラエティに富んだ楽曲がランキングに登場した。 初代チームBメンバーが揃った61位『初日』の掛け声を務めたのは、今やJKT48のセンターを務める仲川遥香。急に振られて緊張したらしく「い、い、いつも…」と噛んでしまったが、歌唱後にはインドネシアでの活躍が紹介され、現地で流れている10社以上のTVCMが上映された。 多田愛佳らは「負けた!」と言いながらも「でも嬉しいね」とコメントし、かつて仲間の活躍を喜んでいました。 夜公演でもアンコールでアルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』から、宮脇咲良の『彼女』、柏木由紀の『よわむしけむし』のソロ曲2曲が初披露された。宮脇は歌唱後、ソロ曲初披露の緊張感から解放され安心したのか大粒の涙をポロリ。それを見た高橋みなみ「可愛いー!」とデレデレだった。 最終日・5日目となる明日も昼・夜2公演が行われ、全てのランキングが発表される。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】 ☆AKB48楽曲ラインナップは【クリック】