今年のAKBリクアワ1位を大胆予想!山田菜々、高橋みなみに注目
「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」が、1月21日(水)から25日(日)までの5日間にわたり、TOKYO DOME CITY HALLにて開催されている。 ここまでの発表曲で、すでにミリオンヒットの人気楽曲も多く登場。リクアワの傾向上、ヒット曲ではない「意外な曲」が上位に登場することも珍しくはない。 古くは2009年に行われたリクアワで、当時のチームBが歌った『初日』が1位を獲得した。チームBは、チームAとチームKに続いてできた末っ子チームということで、この当時はファンからはワンランク下の位置に見られていた。そこでチームBの代表曲でもある『初日』を1位にしたいという気持ちが高まり、ファンの結束により堂々の1位を獲得。まさにファンの力で勝ち取った1位である。 以降もこのようなファンの頑張りが定着し、2013年には解散した旧チーム4の『走れ!ペンギン』が1位。さらに2014年は新チーム4(大組閣前のチーム4)の『純情フィロソフィー』が1位を獲得した。他にも1位はなれなかったが、2012年には解散が決まっていたSDN48の『孤独なランナー』が3位になり、ファンを驚かせてくれた。 そんな中、今年はどうなるか?まず注目は高橋みなみの卒業。高橋にとって最後のリクアワとなるので、ソロシングル曲『Jane Doe』がたかみなファンの総意で1位になる可能性も高い。 さらに昨年一気に人気を上げたHKT48も勢いがあり、代表曲でもある『メロンジュース』が突き抜けることも考えられる。さらに高橋みなみ同様に卒業が決まっているNMB48の山田菜々絡みの楽曲も考えられる。昨年7位にランクインした『太宰治を読んだか?』だ。この曲は、山田と山本彩、そしてNMB48を兼任していた横山由依の3人で歌った楽曲であり、横山の兼任解除以降はこの3人でなかなか歌うこともないレアな楽曲である。山田の卒業の後押しもあり、ここにNMB48のファンの総意が集まれば一気に一位という可能性も大だ。 さらに大穴として昨年8月に発足されたチーム8にも注目。まだデビューして間もない彼女たちだが、注目度は48グループの中でピカイチ。これまでチーム8は『47の素敵な街へ』と『制服の羽根』がオリジナルソングとしてあるが、この2曲ともファンの間で評価も高く両曲が上位に食い込む可能性も高い。個人的希望としては『47の素敵な街へ』が1位になり、47人がステージに登場して、フィナーレを迎えてもらいたい。果たして2015年の1位はどの曲なのか?(文責/ブレーメン大島)(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】☆AKB48楽曲ラインナップは【クリック】