後藤まりこ ツアーファイナルで意味深発言「これは僕の投身自殺です」
後藤まりこが、1月23日東京・赤坂BLITZにて「私のRe:boooootワンマンツアー」の最終公演を行った。 このツアーは最新アルバム『こわれた箱にりなっくす』を携えて1月9日@梅田AKASOを皮切りに東名阪と回るツアー。ライブは最新アルバム収録楽曲『触媒』からスタート。バンドセットでの楽曲披露はもちろんのこと、アイドル風なナンバー『れっつきるみ』ではポンポンダンスを披露したり、『好き、殺したい、愛してる』の弾き語りVer.や『スナメリ』ではカラフルな風船が舞い落ちる演出もあり、過去の楽曲も披露。会場に集まったファンを盛り上げた。 ライブ中盤で突如、後藤の口から「手を伸ばしたらいつでもそばにいます。呼んでくれたらいつでもそばに行きます。」「これは僕の投身自殺です」「後藤まりこを殺すのは誰や?」と意味深な発言をし、会場は一時静まり返ったが、その後次々と激しいナンバーを投入し、再び会場を沸かせた。 アンコールでは4曲披露。最後のMCでは「僕が死なないように貴方の中で生かしておいて。フィクションじゃなくて、ドラマじゃなくて、リアルで後藤まりこを生かしてくれてありがとう」とライブを締めくくった。 Twitter上ではライブを目撃したファンより様々な憶測が飛びかっているが、今後の活動に関しては追ってアナウンスされるという。 ※クリックでサイトへPCのみ※※後藤まりこ伝説の数々はクリック☆「後藤まりこと遊ぼう」はクリックで詳細!後藤まりこ オフィシャルホームページ