MISIA「平和の願い」を込めた新曲に向井理がコメント寄せる
テレビ東京開局50周年特別企画ドラマスペシャル「永遠の0」主題歌である、MISIAの新曲『桜ひとひら』に、ドラマで主演を務める向井理より楽曲の感想コメントが届いた。 このドラマは、2月11日(水・祝)・14日(土)・15日(日)の3日間に放送され、向井理や多部未華子など豪華キャストが出演する、話題のスペシャルドラマだ。 主題歌『桜ひとひら』は、MISIAがこのドラマのために、【平和への願いが叶うよう祈りを込め】書き下ろした楽曲で、【過去・現在・未来に向けて、「もう二度と悲しみを繰り返さない」と、「平和」を約束しなければいけない】という強い想いが込められている。 この楽曲を聴いた向井も、【ドラマの場面とリンクする】【時代を超えた名曲です】と、絶賛している。主演という重役を担った向井だからこそ、歌詞により深く共感をしているようだ。 <向井理コメント>ドラマの場面とリンクする歌詞が散りばめられ、撮影を思い出し、そして考えさせられて胸が熱くなりました。悲しい時代を経験したからこその平和。それを忘れてはいけないということを改めて感じました。時代を超える名曲です。 <MISIAコメント>舞い散る桜の花びらが地面に落ちる前に、ひとひら手に掴むことが出来たなら願いが叶う。そんな話しがあることを知り、平和への願いが叶うよう祈りを込め『桜ひとひら』を書き上げました。物語の中の宮部久蔵は「必ず生きて帰ってくる」と強い約束をしますが、現代の私たちは、 過去・現在・未来に向けて、「もう二度と悲しみを繰り返さない」と、「平和」を約束しなければいけないと改めて強く思います。このドラマと共に、平和への祈りが届きますよう願っております。 この新曲を含む最新シングル『白い季節/桜ひとひら』は2月18日に発売され、両A面シングルとなっている。『白い季節』はウィンター・ソングで、MISIA初の桜ソングである『桜ひとひら』と合わせて、冬から春へと季節の移ろいを感じさせる、極上のシーズンソング2曲がおさめられた一枚となる。 今作は通常盤が存在せず、初回生産限定盤のみの数量限定販売となるので、気になった方には早めのチェックをオススメする。 ・MISIA超美メロは必聴です!