イケメンチェロユニット2CELLOSライブにノッポン乱入
1月20日(火)に東京タワー大展望台1Fで、クロアチア出身イケメン・チェロ・ユニット2CELLOSがフリーライヴを行った。 この日は2CELLOSの結成4周年の日ということで、日本記念日協会より正式に「2CELLOSの日」認定され、東京タワーのマスコットキャラクターであり、シュールな発言で注目を集めるノッポン兄弟も、日本を代表する同じ2人組として駆けつけて祝福した。 高さ150mの大展望室を満たすように、「2CELLOSの日」を祝福するファンがつめかけ、盛大な歓声の中ルカとステファンの登場してライヴがスタート。 まずは、1月21日(水)発売のニューアルバム『チェロヴァース』に収録されている『ウェイク・ミー・アップ』(アヴィーチーのカバー)でチェロをギターのようにストローク弾きし、足踏みで四つ打ちのビートをとり、「チェロ」の既成概念を壊す。その後も『チェロヴァース』収録の『シェイプ・オブ・マイ・ハート』(スティングのカバー)、『サンダーストラック』(AC/DCのカバー)をファンの間近で披露。 ステファンは『ちょうど4年前の今日、『スムーズ・クリミナル』(マイケル・ジャクソンのカバー)を動画サイトにアップロードしたときから、こういう日が来るだろう、とずっと知っていたよ。』と語り、ルカは「2CELLOSと日本は、一目ぼれで愛しあっている。僕たちのことを4年前からずっと応援してくれて本当にありがとう」と感謝の気持ちを観客に伝えた。 観客全員で2CELLOSへのハッピーバースデイを歌うサプライズ演出が行われると、2CELLOSはお返しに、Twitter上のハッシュタグ「#2CELLOSにカバーしてほしい曲」を通してリクエストされた、森山直太朗の『さくら』をチェロでカバーしてみせ、ルカが代表して「日本は今受験シーズンだときいていますが、受験生だけでなく、多くの人がこの曲を聴いて4年間でそれぞれの夢をかなえられますように」語った。 会場が盛り上がる中、ノッポン兄弟も乱入し、二人の手から「2CELLOSの日」の認定状が正式に贈呈された。最後はノッポン兄弟が踊り、2CELLOSが演奏する形の新生「4CELLOS」となって、NTTドコモ「ツートップ」CM曲の『影武者』と『スムーズ・クリミナル』を共演。「6~7月にツアーでまた来るからね!」と別れをつげ、30分のフリーライヴが終了。 2CELLOSは1月21日(水)にニューアルバム『チェロヴァース』を発売。6月25日からは、全国9大都市でのツアーを行う。