Q’ulleリリイベでまさかの「MISSION」が!
2014年10月にデビューした今話題の5人組“ガールズロックパフォーマンスユニット”「Q’ulle」。 先日1月14日に発売された1stシングル『mic check one two』がオリコンデイリー13位を記録するなど、デビューからわずか2か月半ながら注目を集める彼女たちが、2015年1月18日(日)に渋谷eggmanにて「1stシングル『mic check one two!』発売記念リリースイベント」を開催した。 昼夜2部制となった本イベント、昼の部は早い時間にも関わらず大勢のファンたちでフロアが埋め尽くされた。デビューからまだ3か月に満たないグループながら、期待値の表れだ。 暗転すると、純白の衣装に身を包んだメンバーが現れ『mic check one two』が始まる。DECO*27をサウンドプロデューサーに迎えた、ハードでクールなロックダンスナンバーで、場内は割れんばかりの歓声が上がる。続くは鬼ごっこを題材にしたシアトリカルなダンスが楽しい『ONI』。弾むビートが心地よい『Dolo Dolo』と、曲ごとに色々と表情を変えたダンスを展開していく。多くのボーカルパートをこなす、まなこは結成後から本格的にボーカリストとして活動を始めたとは思えないほどの伸びやかな声を轟かせる。いとくとら、まぁむ、ゆずき、やっこの4人もCDより明らかに成長しきった声を響かせた。 前半戦を終えると、この日は特別仕様ということで、合間にインタビュアーを呼び込んでの公開取材を行うことに。シングルのレコーディング秘話の話になると、まなこの「自分のお腹の鳴る音がもしかしたらシングルに入っているかも…」という衝撃発言が飛び出せば、メンバー1の元気印・やっこに対して、いとくとらが「防音扉を突き抜けて、隣の部屋のやっこの発声練習が聴こえてきた!」、ゆずきから「やっこの声がエレベーターに乗った瞬間から聴こえてきて、それぐらいデカイ」との暴露が飛び出た。まぁむも「あれは発声練習じゃないレベル」と言うぐらいの声量だった様だが、等のやっこ本人は「何も覚えてないんだけど…」と記憶が欠落してしまった模様。 『mic check~』がデイリー13位を獲得したことで、次のシングルで目指す順位の話になると、いとくとらが「前の順位は超えたい。デイリー10位を目指します」と語れば、まぁむは「でも、ゆくゆくはウィークリー10位以内を目指せる。そんなグループにしたいです」と熱い想いを口にした。 トーク終了後司会者が登場し、会場横に取り付けられたスクリーンに「MISSION」の文字が点る。画面に映された文字は「まなこ、2月22日のイベントにてアコースティックギター弾き語りを成功させよ」の文字が!なんと今日から1か月間、ギターを習得し次のワンマンイベントにて1曲丸々成功させよとの指令が課せられたのだ。しかも成功すれば、世界的ギターメーカーのEpiphone社によるアコースティックギターがもらえるという報告も。当のまなこは「無理ッ!絶対に無理だから!」と終始拒み続ける。「大丈夫だよ」と言いながらも半笑いのメンバーに対して、まなこが厳しい視線を向けたのは言うまでもない。 ソリッドな音が心地よい疾走感あふれるロックナンバー『Chain』で幕開けの後半戦。先ほどまでの賑やかだった彼女たちの姿から一転、ハンサムな姿で歌い踊る。このギャップも彼女たちの魅力の一つだ。本編最後はバラード『F(i)VE』。仲間へ、ファンへ、支えてくれる人たちへ向けられる感謝の詞を、ありったけのエモーショナルさで伝える。静かなながらも暖く優しい空気が会場を包み込んだ。 アンコールの声に導かれ、再び5人が登場。ハードなサウンドに乗せ、切れ味鋭いダンスを披露。しかし、楽屋裏でまなこの目が淀んでいたとの発言がいとくとらの口から発せられる。頭の中はすでに、来る2月22日のことでイッパイイッパイすぎて、集中できなかった模様。その姿に場内からは笑いが巻き起こる。 昼の部最後を飾るのは『P』。フロアとステージが一体となり、タオルを全力で振り回す。その熱気が生み出すエモーショナルさは圧巻だった。最後、深々と頭を下げ「本当にありがとうございました!」と感謝を語る5人。その顔は先日行われたワンマンの時よりすがすがしい笑顔だった。 夜の部は昼以上に白熱した展開を繰り広げていく5人。後半戦で披露した『NOT』では音響トラブルで音がストップする中、アドリブでその後を見事なアカペラで乗り切る。それだけでなく、肩を組み、場内全員で頭を振るというノリをその場で生み出すという驚異的な閃きと個々の底力を見せつけた。 また、夜の部も昼に続きメンバーへのサプライズミッションが告げられる。今度のターゲットはまぁむ。なんと2月22日のイベントで『F(i)ve』のピアノVer.をまぁむが弾き、それに合わせメンバー全員で歌うという内容。ピアノが弾けるとかねてから、発言していたまぁむにとって、その発言の真意が問われるという大きなプレッシャーが待ち受けていた。そして彼女に、電子ピアノの老舗メーカーCASIOより期間限定で新作ピアノが提供され、発表当日うまく弾けたらプレゼントという発表も併せて行われた。まぁむは「頑張ります」と覚悟を決めた模様だ。 2部のアンコールラスト『F(i)ve』で感動的な空気を作るも、この日のサプライズはまだ終わらなかった。サプライズゲストで今話題のお笑いコンビ「クマムシ」が登場。2月4日に発売のデビュー曲『あったかいんだからぁ♪』を披露し、会場を沸かせた。なぜクマムシが登場したのかの経緯が彼らの口から語られる。『あったかいんだからぁ♪』カップリングの「スーパーキューティクルVer.」には彼らによるダンスが付くのだが、振付まで考えるのは難しいということで、彼女たちの「踊ってみた」動画が好きなクマムシ長谷川俊輔がQ’ulleに振付を頼むのはどう?と提案し、この日嘆願も兼ねて現れたとのこと。これにはQ’ulleメンバーも大はしゃぎ、首を縦に振った。まだ調整中とのことだが、この2組のコラボが見られる日も近いようだ。最後は会場全員で「あったかいんだからぁ♪」をきめて、幕を閉じた。 サプライズだらけだったものの、最終的には彼女たちの高いポテンシャルを感じさせる1日であった。3月18日には2枚目のシングル『MONSTER』と1stワンマンライヴDVDの発売も決定。多くのリリースイベントを控えている彼女達。彼女達が目指す第一のステージ、日本武道館でのライヴはそう遠くない未来にある、と確信した。