乃木坂46若月佑美 「男装女子が一番似合うのは西野七瀬」
銀座・博品館劇場で開催されるミュージカル「ヴァンパイア騎士」が初日を迎えた。 本作品は2005年~2013年まで月刊「LaLa」(白泉社)で連載されていた人気漫画。2008年には同作が話題となりTVアニメ化。日本のみならず、海外の人気がとても高い。 その作品を、今回男装女子によってミュージカル化。主演の黒主優姫役は乃木坂46の若月佑美が務める。 当日は、若月に加え、歌手・ボーイズスタイルモデルで活躍中のAKIRA、俳優・男装女子として活躍中のルウトが登壇した。 先の乃木坂46新曲発売に関し発表された選抜メンバー18人に見事選ばれ、さらに本公演でも主演を務める若月は「出演者は全員女子なので、女性ならではの美しさを見て欲しいです。私の役、優姫ちゃんが枢先輩と澪と間で揺れ動く心情を楽しんでほしいです。恋愛なのか、友情なのか曖昧な気持ちが見所です。」さらに「個人としてはですね、「明るさ」を出すのに苦労しました。」と答えるとAKIRAとルウトが一斉に爆笑した。「私普段明るくないので(笑)最初「目が死んでる」って言われたんですよ。なので笑顔の練習から始まり、ようやく最近褒められるようになりました。暗いわけではなく、感情の起伏がないんです。」と笑った。 乃木坂46内では男前キャラだそうで、寒そうなメンバーに自分のコートを掛けるようなこともできるようだが、この舞台上は「枢先輩と零に本気で恋します!」と宣言した。 さらにメンバーで男装女子が似合うのは?と聞かれ、新曲でセンターに返り咲いた西野七瀬を上げた。「見た目が一番カッコいいかなと思います。でも性格的には「サバサバしてる」ていつも言われてる私ですかね。」と微笑んだ。 <公演概要>■公演タイトル:『ヴァンパイア騎士』 Supported by 青山メインランド■公演日程:2015年1月21日(水)~25日(日)■劇場:博品館劇場■原作:「ヴァンパイア騎士」樋野まつり■脚本:徳尾浩司■演出・振付:本山新之助■CAST<>内は役名若月佑美(乃木坂46) <黒主優姫>/AKIRA <玖蘭 枢>/ルウト <錐生 零>/喜屋武ちあき <藍堂 英>/天翔りいら <一条拓麻>/oni <架院 暁>/松本 愛 <支葵千里>/荻野可鈴(夢みるアドレセンス) <紅 まり亜>/柿丸美智恵 <黒主灰閻>/渡辺 舞 <緋桜 閑> ほか 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!