Suzu 貫地谷しほり主演ドラマED曲に抜擢
沖縄県出身シンガーソングライターSuzuの待望の3rdシングルの発売が決定した。 2015年のスタートを切る作品は豪華タイアップシングルとなる。昨年メジャーデビュー以来、全国へ勢力的にライブ&プロモーションを続けてきたSuzu。 2015年第一弾は大型タイアップ! 貫地谷しほり主演MBS・TBS系ドラマ「女くどき飯」エンディングテーマに決定した。 春らしい軽快な働く女子の気持ちを歌った曲でドラマ用に書き下ろした渾身の楽曲。素敵な恋愛を求めているけどなかなかうまくいかない現実に不安を抱いている女子が明日もがんばってみようかなと思うアラサー女子の気持ちをストレートに書いた歌詞に注目だ。 Suzuは、「新しい恋とか新しい自分とかを探している女子に是非聞いてもらって、明日もがんばろうと前向きになってもらいたいです。」とコメント。 ドラマプロデューサー森谷氏より、「今回の楽曲は歌詞もサウンド感も、貫地谷しほりさんが演じる主人公の心情を見事に表現してくれています。ドラマと共に、恋や仕事に頑張っている女性たちへの応援歌にもなってくれると嬉しいなと思います。誰にだって「運命が色づく瞬間」が来るはずだから。」「女くどき飯」プロデューサー・森谷雄。とコメントしている。 両楽曲とも、デビューからタッグを組んできているスウェーデンのヒットプロデューサーEric Lidbomプロデュース作品である。 また、2月12日に東京渋谷eggmanにて主催イベント「Bell soundもあい~eggman編~」開催決定。メジャーデビュー1周年を記念して、渾身の主催イベントをついにSTARTする。 イベントタイトル「もあい」とは、出身の沖縄独特の風習「模合」に由来し、音楽の力で人が出会い、支え合い、お客様ともつながっていきたい、という願いを込めてつけられた。記念すべきVol.1には、同郷の7!!そしてTHE SxPLAYがゲストとして参加が決定しており見逃せないイベントとなりそうだ。