東京女子流がノンストップライブに挑戦
東京女子流が、クラブチッタ川崎にてライブ「ザ・単ドク」を1月17日に開催した。この日の昼にはSuGとの対バンに挑戦した東京女子流。 「ザ・単ドク」でも新たな挑戦が行われた。およそ3年ぶりというノンストップライブを敢行。しかも、今回は11曲ノンストップという未知の領域。 『LIFE SIZE』から始まり、『Partition Love』、マントを使用した『十字架-Album ver.-』『Killing Me Softly』『Say long goodbye』、イスを使用しセクシーに魅せつける『月とサヨウナラ』『運命』『Limited addiction』『existence』『pale blue nocturne』『Count Three』と様々なタイプの楽曲を披露。 メンバーから「やってみるとあっという間だね」という声が出るほどに、しっかりと50分近いノンストップ11曲のライブを成功させた。そのまま疲れも見せずにアンコールで『ヒマワリと星屑』『A New Departure』を披露しライブを終えた。 ダンス、ボーカル共に安定感を増し、しっかりと実力を魅せつけたワンマンライブ。今年、「アーティスト宣言」が春以降に本格化する中で期待が持てるライブとなった。 東京女子流関連ニュース写真はクリック☆東京女子流ラインナップ!クリック!