東京女子流がSuGと対バン!新たな進化を魅せる
突然のアーティスト宣言から次々と新たな試みを続けている東京女子流。 1月17日には、ロックバンドのSuGとの「ザ・対バン」をクラブチッタ川崎にて開催した。このイベントは、東京女子流が様々なバンドやアーティストと対バンを3ヶ月連続で行う予定のイベントでその第一弾となる。 東京女子流に先駆けて登場をしたSuGは女子流ファンのノリの良さに驚きながらも、ギターのyujiが「東京女子流推し」だということで会場もyujiへ熱い声援を特に送った。女子流推しエピソードとしてでんぱ組.incの生放送に出演した際に「東京女子流推しのyujiです」とでんぱ組.incメンバーを前にして自己紹介したエピソードを明かし更に会場を沸かす。これで、完璧にSuGファンと女子流ファンも気持ちを一つに出来たようだった。 SuGは『B.A.B.Y』『sweeToxic』『STAY TUNED』とロックンロールし、一気に『CRY OUT』『R.P.G.』『不完全Beautyfool Days』『小悪魔Sparkling』と披露し会場をSuG色に染めた。ロックを基調とし、ダンス、ポップスと様々なエッセンスの混じった独特のサウンドを聞かせてくれるSuG。アイドルとの対バンや共演が多いSuGだけに完全に女子流ファンもトリコにしていた。 そして登場した、東京女子流。『Get The Star』から幕を開けるという意外な構成から『十字架』『Partition Love』というアーティスト宣言後の東京女子流を象徴していきそうな楽曲を披露。その後も簡単な自己紹介から、『Liar(RE:NDZ Remix) 』『ヒマワリと星屑(Remix)』とリミックス2曲をメドレーでパフォーマンス。こういった挑戦も、今後は女子流が積極的に取り入れていかなければいけない。特にリミックス2曲では若干苦戦をする部分もあったが、ファンはしっかりと彼女たちの姿を見守っていた。 MCでは、SuGのyujiが女子流のファンだという話から、yujiが大好きだという『鼓動の秘密』を選曲。その後も、『ディスコード』『existence』とアイドルからの脱却を印象づけるライブをSuGとの対バンでしっかりと見せた。 女性が多かったSuGファンもこの日の女子流のパフォーマンスを見て驚いたのではないだろうか?パフォーマンスを磨くことは当然として、今後は様々なアーティストとの交流や新たなファン層の獲得が至上命題となる女子流。アーティスト宣言後の大きなイベントにこの「ザ・対バン」を開催したのは大正解だっただろう。最後はSuGと共に『39GalaxyZ』をコラボし第一回目の「ザ・対バン」を終了した。女子流の挑戦は初まったばかりだ。 東京女子流関連ニュース写真はクリック☆東京女子流ラインナップ!クリック!