アプガ仙石みなみ ハーフマラソン完走に谷川真理「5年後のオリンピック目指せ」
昨年4月より」ヤングアニマル誌上で、グループとしてでなく、個人の知名度も上げるべく、マラソン大会入賞を目標にさまざまなトレーニングを行ってきた仙石みなみが、1/11に企画の集大成として「谷川真理ハーフマラソン/ハイテクハーフマラソン」に望んだ。 仙石は人生初のハーフマラソンについて「21キロって距離自体走ったこともないので、とにかく完走が目標です!(一緒の大会で走る)谷川真理さんや猫ひろしさんにペースの速さや配分を聞いたので、自分の中で自己ベストを目標に頑張りたいと思います。とにかく21キロのゴールを切りたいと思います。頑張ります!」と意気込んだ。 天候にも恵まれた「谷川真理ハーフマラソン/ハイテクハーフマラソン」の結果は… 見事完走!タイムは「1時間42分07秒」という堂々たる結果だった。 完走後仙石は「完走しました!ヤバイ!完走を目的にしてたんですけど、まさかの1時間42分台でゴールすることができました!(走っていて)気持ち良かったんですけど、今身体は限界で、初めて足が棒になってます。足はもう機能しないくらいになてるんですけど、ちゃんと完走できたし、42分台で(ゴール)入れたのはうれしいです!!!」と喜びを爆発させた。 ●仙石みなみの完走について(主催者:谷川真理)「いやー、強かったよ。普通はそんなに練習してなかったら、(仙石の練習時の最長距離は16キロ)頑張って1時間50分くらい。(これから)もっと早くなるよ。(みなみちゃんには)冗談じゃなくて5年後のオリンピックを目指して欲しい。はっきり言ってランニングの練習だけやって欲しいです(笑)。今日はコンディションにも恵まれたし、(完走)おめでとうございました。」と素質を見抜いた様子だった。 この挑戦の模様は、ヤングアニマル5号(2/27発売)、6号(3/13発売)で掲載、動画も配信される。 【アプガ業界最多の情報量サイトはクリック】☆アプガ楽曲聞くならドワンゴで☆