Acid Black Cherry「愛の形」について語る
本日発売の音楽雑誌「CD&DLでーた」の表紙には、2月4日に3年ぶり4枚目のオリジナルアルバム『L-エル-』を発売するAcid Black Cherryが起用される。 Acid Black Cherryは昨年9月13日発売の10月号でも表紙を飾ったのだが、その号は好評につきすぐ売り切れ、緊急で増刷する結果となった。 編集部のTwitterで増刷を知らせると800を超すリツイートがなされ、ABCのファンから感謝のコメントも相次いだ。1号あけてまたAcid Black Cherryの表紙という事だが、その表紙起用についてAcid Black Cherryの編集担当者は「前回の表紙&巻頭特集では、ファンの方から大きな反響を頂きました。今回は全都道府県ツアーを終えて、そして約3年ぶりのアルバムという事で編集部としてもすごく注目しております」と語ってくれた。 また、CD&DLでーたの編集長は「美しい写真と、軽妙な関西弁による本音トークとのギャップが今回もたっぷり!!!!味わえます。10か月間に渡って展開されたProject『 Shangri-la』を経て、完成したアルバムが待ち遠しくなる記事になっていると思います。ぜひお楽しみください」と語ってくれた。 その内容だが、アルバム『L-エル-』についてのインタビューにプラスして、アルバムのコンセプトでもある「愛」にフィーチャー。女性目線の歌詞を描き、女性からも支持を得ているAcid Black Cherryが“男が思う愛の形と女が思う愛の形”について語っているとのこと。是非ファンのみならず、恋愛に悩んでいる人もチェックしてみよう。 【Acid Black Cherryその他の写真はクリック】・Acid Black Cherry感動の名曲はクリック!