チャットモンチー新曲 女性サポートを加えた新編成で制作
チャットモンチーが3月4日にリリースするニューシングル『ときめき / 隣の女』の詳細が発表された。 前作に引き続き両A面シングルだが、今回は福岡晃子とユニット(忘れちゃいなよバド部)を組んでいる世武裕子(Piano, Synthesizer)、そして北野愛子(Dr. / DQS, nelca / ex. your gold, my pink)の2名をサポートに迎えた全員女性という通称「乙女団」という新編成でレコーディングされたものとなっている。 『ときめき』は、「いつだって恋がしたいよ あなた以外と」という歌詞が印象的な、『染まるよ』を彷彿とさせるミディアムナンバー。「隣の女」は、ピアノと強烈にグルーヴしていくチャットモンチーらしさ満点のバンドサウンドが聴きどころとなっている。2曲とも福岡晃子による作詞となっている。 カップリングには、ナカコーことKoji Nakamuraがリミックスを手がけた『Last Love Letter』が収録される。こちらもピアノを使用したアブストラクトな再構築だが、歌詞の迫り方が尋常ではない白眉の仕上がりとなっている。 また初回生産限定盤には、再始動一発目のステージとなった昨年8月の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」のライブ映像と、11月にチャットモンチー主催で行われた「9周年記念ライブ“9愛”」のライブ映像が収録されたDVDが付属する。特に9愛は、group_inou feat.チャットモンチーというコラボスタイルでの『変身 (GLIDER MIX)』や、イベント出演者に加えて、すだちくん / illckr / ギョーザマンとゆるキャラも大集合してのアンコール『満月に吠えろ』など、主催イベントならではのレア映像が収められている。 さらにレコーディングドキュメンタリーも収録。これは乙女団による賑やかなRec.の模様が収録されており、5月リリースのアルバム収録曲がいち早く聴ける内容となっている。