道重卒業後のモーニング娘。'15カギを握るのは佐藤優樹
絶対的なリーダーとして、モーニング娘。を立て直した道重さゆみが卒業し、公約通りに「モーニング娘。’15」へ名前が変わったモーニング娘。。 道重の卒業と同時期に新メンバーが加入し、かつてない変革期を迎え平均年齢もグッと下がった新生モーニング娘。、はどうなるのか? 実際にお正月の「Hello! Project 2015 WINTER」を取材したライターの武田瑠羽氏がモーニング娘。’15を分析する。 「モーニング娘。はここ数年パフォーマンス路線へ変更をしていたのですが、道重さゆみがパフォーマンスの中核ではなかったので、ライブを見た限りでは大きく変わりはありませんでした。新メンバーたちも、元ハロプロ研修生の牧野真莉愛、羽賀朱音は研修生としてレッスンを受けていたためしっかりとダンスもできますし、尾形春水、野中美希も食らいついていた。フォーメーションダンスも人数が増えたことで迫力が増し豪華に見えました。」 年末からお正月にかけ、民放も含め様々な媒体で露出が増えたモーニング娘。’15。ここで一気にブレイクとなりそうな2015年だが、注目のメンバーは? 「パフォーマンス面では、鞘師里保がダンス・歌唱ともに一歩抜き出ている。現在のアイドルの中でも実力はずば抜けています。彼女は非常にタフで安定感がスゴく、ハイレベルなパフォーマンスを必ず披露できる。そこに、ボーカルでは小田さくらが迫力のある歌声で存在感を出し、ダンスでは石田亜佑美がキレのある大きなダンスで引っ張る。各メンバーの相乗効果で、パフォーマンスはより美しいものとなっています。そんな中で、最もカギを握りそうなのが佐藤優樹です。メンバーに「天才」と呼ばれる彼女は、絶対音感を持ちピアノ・ドラム・乗馬・バレエを経験したリズム感はアイドル離れしていると言われる。つんく♂氏に「リズムを具体的に理解している」と言わせたほどの実力の持ち主です。ダンスもボーカルも実力が2014年で急激に成長し、確実にモーニング娘。’15のパフォーマンスの底を上げている。また、その独特の「天然エピソード」も強烈なものばかりで、もはや理解不能な状態にまでなっている。しかし、佐藤が非常に素直で天然ながら空気はキチンと読むためにすべてが爆笑に変わる。ファンの間ではお馴染みの佐藤の言動ですが、これが非常にテレビ受けしそうなもので、民放での露出が増える中で確実に武器になると思われます。(武田瑠羽)」 道重さゆみという偉大なリーダーはもういない。しかし、モーニング娘。’15は一致団結をして、2014年よりも更に進化した姿を間違いなく魅せる。その先には、念願の紅白への出場や大きな舞台が待っていることだろう。 【モー娘。最新情報、卒業メンバー情報はクリック】・【クリック】モーニング娘。一曲から販売中!公式Twitterアイドルのライブ情報、インタビュー完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");