乃木坂46 成人式で紅白出場を宣言
乃木坂46の新成人を迎えるメンバー7人が、一足早く都内の乃木神社にて成人式を行った。 成人式に参加したメンバーは、西野七瀬、桜井玲香、若月佑美、能條愛未、永島聖羅、井上小百合、中田花奈。晴れ晴れとした冬空の下に7人が、いつもの衣装とは打って変わった大人っぽい艶やかな振袖姿を披露した。 西野七瀬は赤、桜井玲香は水色、若月佑美は黒ベースの花柄、能條愛未は緑、永島聖羅は黄色、井上小百合は白、中田花奈は紫と全員が違う色の振袖を身にまとい笑顔で披露。 20歳になって大人の仲間入りをしたメンバーに今後の豊富を聞いた。まず 西野七瀬は「人前でしっかりと話せるようになりたいです」。桜井玲香は「日本語をキレイに喋れる女性になりたいです。滑らかで流暢な正しい日本語が喋れる女性を目指したいと思います」。若月佑美は「川口春奈さんが新成人でいますけど、同い年として素晴らしい女優さんなので尊敬しているんですけど、同じ新成人の川口さんのように頑張っていきたいです」。中田花奈は「私はネガティブキャラが付いているので、もっと自分を好きになりたいです」。永島聖羅は「大人としての自覚と責任を持って行動できる女性になりたいです」。井上小百合は「大人として責任感を持ってお仕事に取り組んで、親孝行とファン孝行ができるようにしたいです」とそれぞれ豊富を話してくれた。 乃木坂46といえば昨年の『紅白歌合戦』の出場を逃し悔しい思いをしたのだが、その「紅白歌合戦」の出場について桜井玲香は「今年こそ出たいです。去年は力不足でみんなで目指すべき期間が短かったと思います。魅せる力、人を引き付ける力が個人個人で足りなかったので、今年1年はみんなで力を合わせて頑張ります」と意気込んだ。 2月には「乃木坂46 3rd Birthday Live」と題して、初の西武ドームでのコンサートの開催も決まり、ますます勢いを増す乃木坂46だが、2015年の躍進にも大きな期待が持てそうだ。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!