May J. 「レット・イット・ゴー」の先へ
紅白歌合戦への初出場、そしてベストアルバムを2015年の元旦に発売し、念願の日本武道館公演も控えるなどまだまだ大躍進は止まりそうもないMay J.。 激動の2014年を振り返り、そしてその先の2015年を特別インタビューで語ってもらった。 -元旦にベスト・アルバム『May J. W BEST -Original & Covers-』が発売されます。May J.さんが聞いてもらいたい曲はありますか? May J.今回は新曲も収録していて…『So Beautiful』という曲なのですが、アップテンポで元気のいい明るい曲なんです。わたしは、バラードのイメージが強いと思うのですが、こういったアップテンポな曲も実は昔から歌っていて、アルバムの最後の方にいくとそういったダンサブルな曲があるので、『So Beautiful』を中心に注目していただきたいです。 -『My sweet dreams』も新曲として収録されます。 May J.この曲は「キットカット 受験生応援キャンペーン2015」での応援ソングで、受験生のみなさんを応援したいという気持ちと、自分に喝を入れるというか、あきらめずにどんなに辛い状況でも前に進んでいこう!と自分に歌っている曲でもあります。 -受験生だけじゃなく、いろいろな世代にも共通して聞ける応援ソングですね。 May J.そうですね。目標を持ってがんばっている皆さんにぜひ聞いていただきたいですね。 -今年は大活躍の年となったMay J.さんですが、実感はありますか? May J.いろいろと「壁」はありますが、それをひとつひとつ乗り越えていこうと、自分自身はそういう気持ちです。 -May J.さんは「歌」が特別だと思うんです。 May J.小さい頃から本当に歌うことが好きで、3歳の頃から歌手になりたいという夢を持っていて…他の事に興味を持つこともなかったです。他にできることがないのです。歌しかなくて…。だからこそ歌にすべてを捧げているというか、常に追求していきたいし歌を通じて誰かに笑顔になっていただきたいという思いで、歌い続けています。 -ライブ会場が現在は人気に比例してどんどん大きくなっていると思うんですね。その中で、歌を伝える気持ちって変わるものですか? May J.大きさは本当に関係なく、どんな場所であっても、例え一人だけのお客さんであっても、伝える気持ちってのはいつもと変わらず、本当に一生懸命全力で歌わせてもらっています。 -念願の日本武道館を控え、意気込みを教えて下さい。 May J.ずっと目標にしていた場所だったので、やっとこの舞台に立てるというのはファンのみなさんの支えがあったからこそだと思っています。その感謝の気持ちを込めて、8年分のすべてをここにぶつけ、来てくださるみなさんに思い切り楽しんでいただけるライブにしたいです。 -今だとMay J.=「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」だと思うんです。そんな中で、実はMay J.さんが本当に聞いて欲しい曲って過去に歌っていたようなダンスチューンだったりするのでしょうか? May J.本当に8年間でいろんな成長というか、色々な出会いがあって、その時その時で全部表現出来ているというか…一番出したい楽曲がそのとき時で全然違うんです。もちろん現在のMay J.は現在のMay J.ですし、昔のMay J.は昔のMay J.が出し切ったすべてなので、全部聴いていただけたら嬉しいですね。 -現状で言えば、「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」しか知らないお客さんもまだ多いと思います。 May J.最近のバラードを一生懸命歌う姿と違って、ダンスでカッコよく踊ったり、みんなが一緒に参加できるような、一緒に声を出して盛り上がれるような曲もあるんですよ。ひとつのライブの中で、感動して頂いたりとか一緒に声を出したりとかいろいろな感情をみなさんと分かち合えたらいいなと思いますね。 -今後はバラードがメインになっていくのでしょうか? May J.カバーアルバムがキッカケでバラードが多いのですが、求めてくださる方がいる限り応えたいって気持ちは大きいです。 -今の人気は、自分で思い描いていましたか? May J.いや、全然思ってなかったです。その時その時の自分に巡ってきたチャンスを無駄にしないように全力でベストを常に尽くすという気持ちでしかなかったので…。 -まずは、テレビ番組のカラオケ対決企画で大きなチャンスを掴みました。 May J.当時はまだCDもたくさんの人に届けることができない時期で、歌番組も1年に1回か2回くらいしか出られないって感じの状況でした。なので、たくさんの方に歌を聴いていただける、すごく大きなチャンスだし、自分にとってその時は最後のチャンスだと思って挑んでいました。 -そして2014年最大の話題とも言っていい、「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」に巡り会いました。 May J.子供の頃からディズニーが大好きで、常に目標にしていたので、なんていうか…本当に嬉しかったです。ディズニーの歌って「みんなの歌」だと思うんです。みんなが歌いたくなる、そういうパワーを持っている曲なので、これからもみんなと一緒に楽しく歌っていきたい、そんな大切な曲ですね。 -May J.さんはすごく自分の人生設計を緻密にしているイメージが有るのですが、思い描いていたストーリーなんですかね? May J.常に、何年後にはこうやって…と思っているのですが、なかなか思うようにいかないってのが現実なんだなって思ってます(笑)。もちろん目標をもつことはすごく大事だし、常に大きな目標を持つようにしてるんです。でも、私はすごくマイペースな人なので、焦らずに地道にひとつひとつを毎回全力で挑むことで、いつか少しずつそれが結果となって表れるのかなと思っています。 -紅白もやっぱり夢でした? May J.本当に紅白は大きな存在だったので、もちろんいつかは出たいと思ってました。お話いただいたときは、本当にビックリしましたね。 -最近では、お子さんのお客さんも多いんじゃないですか? May J.本当にお子さん多いんですよ。例えばショッピングモールとかでイベントをさせて頂く時は本当に多いので、前の方はキッズエリアというスペースを作っています。 -それってキッズ専用なんですか? May J.そうですね。後ろにお父さん、お母さんが立っているという状況です。 -最前列が子供っていうのも、今までとは全然雰囲気も違うんじゃないですか? May J.違いますね(笑)。MCも子供向けに変えてみたりして、幅広い年齢の方、つまりファミリーに向けてという意識で歌わせてもらっています。こうやって手をあげるんだよ~とか、みんなで歌ってねとか。子供は大好きなので楽しいです。 -いままでは、クラブイベントなどでライブもしていたわけで、ぜんぜん違うんですね。 May J.私自身、子供なので、子供相手のほうが好きなのかもしれないですね(笑)。 -いまのMay J.さんには、「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」の次をファンの皆さんは期待していると思います。 May J.「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」だけ特別ではなく、今まで通り自分のオリジナルもカバーも聞きたいと思ってくださる方がいる限り歌いたいと思っています。まだ2015年は、本当に純粋に音楽でみなさんと向き合いたい。私にとって、音楽ってすごい昔からいろんなパワーをくれる存在で、悲しいときとか行き詰まったときも音楽が常に支えてくれたので、自分が音楽で誰かを笑顔にしたり、前に進んでいくための背中を押せるようなそんな歌を届け続けていけたらと思っています。 -武道館が一つの区切りになりそうですね。 May J.そうですね。武道館からがスタートですね。 -武道館から、次のMay J.が始まるならば、「次」って何かイメージありますか? May J.去年、BLUE NOTE TOKYOでライブをやらせていただいてジャズを歌ったり、サントリーホールで初めてオーケストラをバックに歌わせてもらったり、いつもと違う場面で歌わせてもらうキッカケが多かったんです。これもすごく刺激を受けたので、幅広くいろいろ挑戦していけたらいいなと思います。 -BLUE NOTE TOKYOではどんなライブを? May J.ジャズ調にアレンジした自分の楽曲ですとか、ジャズのスタンダードを歌いました。オシャレな雰囲気で、スゴく楽しかったです。その時「抜け感」っていうのを目指していきたいなって思いました。 -抜け感? May J.自分の曲を歌うときって、パワフルな声の出し方が多いんですが、少しやわらかく、ちょっと「抜け感」のある歌声というのを出していきたいんです。もちろんパワフルさもありながら、少しウィスパー気味に歌ったりとか、力を抜いて歌うところとのメリハリをつけるとか、幅広さを身につけていきたいなと思います。 ☆歌姫May J.のナンバー【クリック】☆