乃木坂46 1stアルバムお渡し会に1万人のファン殺到
2015年1月6日、1stアルバム『透明な色』の発売を記念した「10福チェーン初売り合戦」がZepp Tokyoにて開催された。 乃木坂46のメンバーが各主要店舗10チェーンにチームが分かれ各チェーンの応援団となり1stアルバム『透明な色』をメンバー自らが手渡しする企画となっている。当日は、1万人のファンが駆けつけ、ファーストアルバムの発売に祝福した。 来場したファンとメンバーは「あけましておめでとうございます」と新年の挨拶を行い、メンバーは自身の1stアルバム『透明な色』を一人一人と会話しながら、届けることができた。 ニコニコ生放送にて放送された、前哨戦となった“運命の推しメン会議”では生田絵梨花がリーダーとなったHMVが1位となったが、総合ポイントで、西野七瀬がリーダーとなった、新星堂が優勝となった。 優勝した新星堂には、乃木坂46の応援団だったメンバーが店舗に1日店員としてCD販売のお手伝いを行う。 ~10福チェーン チームリーダーコメント~ ●秋元真夏(TSUTAYA)「新年一発目なのにたくさんの方が集まってくれて嬉しかったです。空いてる時間には会場に手を振ってそこらじゅうに愛嬌を振りまいていました。(笑)思ったより1人1人のファンの方と話せる時間があったのも新鮮でした。」 ●生田絵梨花(HMV)「私たちにとっての大事な1stアルバムをファンの方も『大切にする』と言ってくださって本当にありがたかったです。HMVの制服を着るのも初めてだったので、ホントに店員になったみたいな気持ちですね。2015年はライブハウスなど小さな会場でも良いので、チームに分けるなどしてもっともっとLIVEをやりたいと思っています。」 ●生駒里奈(フタバ図書)「レコードショップ10チェーンが競い合うのは初めてだったので、私たちも応援していて新鮮でした。フタバ図書チームは私以外が研究生で、ファンの方と接する機会が普段あまりないのでそれも良かったですね。アルバムの中で私のおススメは断然『制服のマネキン』です!」 ●桜井玲香(山野楽器)「ファンの皆さんも私たちも発売を楽しみにしていたので、直接早めに渡せることが嬉しかったです。山野楽器の特典の下敷きはとても好評で皆さんには喜んでもらえましたね。デビューしてから今までを形として残せることに達成感を感じています。また2015年から新たな気持ちでスタートしたいです!」 ●白石麻衣(WonderGOO)「デビューから3年経って、持ち曲も本当に増えましたしアルバムがいよいよ出るんだな、と実感しています。こうしてお渡し会にたくさんの方が来場してくださってとても嬉しいですし、2015年をいい形でスタートできたことが、今年1年のさらなる飛躍にに繋がれば、と思っています。」 ●西野七瀬(新星堂)「お店の応援団として、ZEPP TOKYOという会場でお客さんと接したので店舗に行きたい気持ちが強くなりましたね。」 ●橋本奈々未(キャラアニ.com)「お渡し会は写真集以来だったのですが、商品を手渡し出来るのは私たちも実感できて嬉しいですし、アルバムをファンの方も大事にしてくれるんじゃないかな、と思います。シングル曲を知っている方は多いと思うので、C/W集を聴いていただけるとLIVEの予習にピッタリですね。」 ●深川麻衣(タワーレコード)「今回のようにレコードショップとコラボしてアルバムを売るということがどういうことなのか、なかなか想像が出来なかったけど、こんな年初めの忙しいときにたくさんの方が来場してくれてありがたかったです。「タワレコが勝てるように応援してるよ」と言ってくれるファンの方のためにも勝ちたいですね。」 ●松村沙友理(楽天ブックス)「自分が応援している店舗がホントに売れてるのか自信がなかったですが、ファンの方が「待ってたよ!」とか「1位になろうね!」と言ってくれて、一緒に戦ってる感じがして嬉しかったです。」 ●若月佑美(ヨドバシカメラ)「いつもよりファンの方と話せて楽しかったです。特にアルバムについての話が多くて期待されているんだな、と感じました。個人的には『革命の馬』がおススメなのでぜひ聴いて欲しいですね。」 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!