テイラー・スウィフト 2014年全米で最も売れたアルバムに
大ヒット・シングル『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』を収録した、テイラー・スウィフトの5作目となる最新アルバム『1989』が2014年10月末にリリースされてから累計366万枚のセールスを記録した。 2014年の全米セールス記録上、『アナと雪の女王~オリジナル・サウンドトラック』が353万枚(2013年のリリースの為、2年間の累計セールスは386万枚)で、テイラー・スウィフトの『1989』はリリースからわずか9週で2014年全米において最も売れたアルバムに確定した。また、2014年に全米で300万枚のセールスを超えたアルバムはこの2作のみとなっている。 また、テイラーの新作『1989』に収録された2ndシングル『ブランク・スペース』が、メディアがゴシップで創り上げた“様々な男性と付き合っては別れるテイラー”を客観的にとらえコミカルに描き上げた楽曲として評価され、米ビルボード総合シングル・チャート(The Billboard Hot 100)にて7週連続1位獲得している。 これは、『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』の通算4週1位の記録を塗り替えるほど勢いで、2曲のシングルのヒットに伴いアルバム『1989』も米ビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)において通算7週目の1位獲得に!これはテイラーにとって通算31週目の全米1位獲得(アルバム4作)となり、通算30週全米1位の記録をもつマライア・キャリーを超え、女性シンガー史上2位の記録となった。(1位はホイットニー・ヒューストンで46週1位。)2015年もテイラーから目が離せない。