Berryz工房が後輩たちに伝えた「ハロプロへの想い」
2015年3月3日、日本武道館公演をもって無期限活動停止予定のBerryz工房。年始のハロプロコンサートも、今回で最後となる。 そもそも、ハロプロの中でも他のグループとの交流がほぼ同期の℃-ute以外になかったとキャプテンの清水佐紀がインタビューで話していたように、後輩たちとの接点が少なかったBerryz工房。 そんな彼女たちが今回のコンサートで、長年「ハロプロアイドル」として築いてきたものを、しっかりと後輩たちに伝承している姿が見て取れた。ハロプロ全メンバーでの歌唱も楽しそうに、他のグループのパフォーマンス中もノリノリで盛り上げる姿、グイグイと観客を引っ張るBerryz工房のパフォーマンスを観て後輩メンバーたちは感じるものが多くあっただろう。 アイドルの中でも「ハロプロ」は特別な存在であり、その想いを繋げることがBerryz工房の使命となる。今回、Berryz工房が無期限活動停止となることで、その想いが彼女たちの中で大きくなったのだろう。 そして、今回のコンサートでBerryz工房メンバーが非常に「イイ表情」をしていたのが印象的だった。大きな決断をし、目標へ向かう彼女たちの残り少なくなった活動に期待が持てる! ・Berryz工房ファン必見!ハロプロ情報ゲットならフォローを!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");