アイドリング!!!13号長野せりな卒業を発表、今後は声優目指す
12日28日(日)、お台場・ダイバーシティ東京プラザ・フェィティバル広場にてアイドリング!!!の23rdシングル『ユキウサギ』発売記 念ミニライブ&握手会が行われた。 オープンエリアの会場には1部2部で約3500名のファンから家族連れ、学生等様々な方々が集まった。 第1部のミニライブ終盤に差し掛かったところで、1期メンバーの6号・外岡えりかが「大事なお知らせがあります」と切出すと、6thアルバム を3/18に発売する事を発表!アイドリング!!!では9年目にして6枚目の作品にあたり、最新シングル『ユキウサギ』のメインボーカルを務めた2期生のメンバー酒井瞳は 「今までにない聴き応えのある豪華なアルバムにしたい」と意気込みを語った。 さらに第2部のミニライブの最後には、13号・長野せりなが「3/28に渋谷公会堂でアイドリング!!!のワンマンライブが決定しました!」 と発表!ワンマンライブ発表による歓喜に包まれた会場ですが、そこから神妙な面持ちになった長野に違和感を感じた瞬間、長野から衝撃の発言が飛び出した。 「私、長野せりなは、この3/28のライブをもってアイドリング!!!を卒業します。」 集まったファンのみならず、同時に知ったメンバーも衝撃の発言に戸惑いながらも、長野は「この度、わたくしアイドリング!!!13号・長野せりなは2015年3月28日(土)渋谷公会堂にて開催されるライブを最後に、アイドリング!!!を卒業します。最初は13歳だった私も、アイドリング!!!に約7年間在籍させていただき、沢山の失敗から色んなことを学ばせてもらい、きっと人生で1番充実した日々を送らせていただき ました。このタイミングで卒業を決めた理由ですが、アイドリング!!!に入った当初はただのアニメ好きの中学生で、途中から声優さんになりた いという夢が出来ました。厳しい声優さんの世界なので、そんなに甘いことじゃないのも承知の上ですが、二十歳になりこの先の人生で成功しても失敗しても、きっとこの卒業は後悔しないと思ったので、今回卒業を決めました。夢に向かってなにか大きな決断をするのは凄く勇気のいることですが、そういったことに悩んでいる方の背中を押せる存在になったらいいなと思っています。 あと3ヶ月という短い期間ですが、アイドリング!!!13号の長野せりなをよろしくお願いします。」と卒業を決断をした経緯を詳しく話し、同期メンバーの朝日奈央や三宅ひとみから「前向きな卒業なので、ファンの人たちも私たちメンバーも長野せりなの背中を押してあげたい」と大粒の涙をこぼしな がらも温かい気持ちで送り出す雰囲気でライブが終了した。 卒業後はこれまで漠然とした“あこがれの存在”だった声優への道を本格的に目指していくこととなる。 アイドリング!!!では11月に卒業した菊地亜美に続く2期生からの卒業となり、卒業後は総勢20名となる。 【クリック】・アイドリング!!!ラインナップはこちら