AKB48とJKT48 ジャカルタで合同コンサート開催をサプライズ発表
AKB48グループ初の海外姉妹グループJKT48が、デビュー3周年記念コンサートを12月27日と28日に、ジャカルタ市内のTennis Indoor Senayanで開催した。 「SAYA MASHI ANAK KECIL」(私たちはまだ小さな子供です)をコンセプトにした3周年記念コンサートは、JKT48を3年間応援してくれたファンへの感謝を込めたコンサートとなった。2日間とも会場は超満員となり、2回のコンサートに5000人以上のファンが集まり、JKT48全メンバー67名とともに祝った。 1曲目全メンバーによる『PARTYが始まるよ』からスタートすると会場もボルテージは一気にヒートアップ。 AKB48から移籍しているチームJの仲川遥香が「Haruka project」を発足し、仲川自らメンバーを選定、披露曲を決め、衣装を作成した。「Haruka project」メンバーはチームKIIIのシンカ、研究生からエンジェルとグレースの4名で『君だけにChuChuChu!』『自分らしさ』2曲を披露した。また、ファンから募集したユニット名も”4Gulalii”(4つの綿飴)と決まった。今後の活動に期待だ。 コンサート後半には、チームJフェランダによる『夜風の仕業』チームKIIIロナによる『泣きながら微笑んで』そしてJKT48キャプテン、メロディーの『お手上げララバイ』とソロ曲も初披露。AKB48コンサートでおなじみのトロッコに乗り、会場を回りながらの披露となった。 そして3年間JKT48を応援してくれたファンに感謝の気持ちを込めて『アリガトウ』を全メンバーで熱唱し、会場を沸かせた。 アンコールのなかでAKB48総監督の高橋みなみからメッセージが届き、ファンとメンバーから歓声が上がった。 2日間のコンサートではそれぞれにサプライズが用意されており、初日は、JKT48メンバー初の映画単独出演であるチームJのナビラのホラー映画出演決定が、2日目には2015年2月ジャカルタにてAKB48とJKT48の合同コンサートの開催が発表された。 <JKT48メンバーコメント>チームJ メロディー・ヌランダニ・ラクサニJKT48の3周年をみなさんと一緒にお祝いすることができて本当に嬉しかったです。デビューした3年前。こんなにたくさんのファンの方に囲まれてステージに立つなんて想像ももしていませんでした。これからもJKT48メンバーといっしょにさらに成長していきたいと思います。そして来年2月のAKB48との合同コンサートが発表されましたが、素敵なコンサートになるよう頑張りますので、みなさん是非楽しみにしていてください! チームJ 仲川遥香本日の3周年コンサートは一体感を感じることができて、とっても嬉しかったです。JKT48の色がどんどんでてきて、個人的には本当に楽しいコンサートでした!来年2月の合同コンサートはJKT48にもAKB48にもよい刺激になるコンサートになればと思います。AKB48から移籍した私としては、AKB48のメンバーがジャカルタに来てくれて、一緒にコンサートできるのが、本当に嬉しくて楽しみです。少しでも成長した自分をAKB48のメンバーにみせられるよう頑張ります。 チームKIII 近藤莉菜半年間のジャカルタ生活で、やっとジャカルタに馴染めてきた今、このような3周年記念コンサートという大きなイベントにステージに立つことができて、本当に嬉しかったです。来年2月のAKB48との合同コンサートに、この半年間の私の成長、またJKT48の良さを伝えたいです。これからもJKT48メンバーとして頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします!(C)JKT Project ・本家AKB48楽曲は【クリック】