Sound Horizon 4年半振りの「Story CD」を4月に発表
「進撃の巨人」のOP主題歌で一躍脚光を浴びたRevoのオリジナルプロジェクト Sound Horizonが、2015年4月15日にメジャーデビュー10周年記念作品第3弾9th Story CDを発売することがわかった。 クリスマスイブには公式LINEアカウントに謎の文字と数字の羅列が発信され、翌日には10周年記念サイトに新作を匂わす文章が現れた。ファンが騒然とする中、新作発売のビックニュースがクリスマスの最後に舞い込んだ。 Sound Horizonのオリジナルアルバムは4年半ぶり、ファンにとっては待望の発表と同時に「なぜ9th Story CDなのか?」と話題になっている。前作「Ma”rchen」は7th Story CD。順当に数えると今作品は「8th Story CD」となるはず。 しかし、発表されたリリース情報には「9th Story CD」と明記されているのだ。いったい「8th Story CD」はどこへ行ってしまったのか、その理由はアルバムに隠されているのだろうか…。 10年という月日をかけて、「物語音楽」というジャンルを創り上げてきたRevoが放つ4年半ぶりのStory CDは、「とある骨董品屋からはじまる物語」だという。「もしあの時こうだったら、何かが変わっていたのだろうか・・・」とは一体どういうことなのか、何を描いているのか。今後の展開が楽しみである。 9th Story CDは3形態で発売。初回盤、通常盤に加え、完全数量限定デラックス盤も予定されている。完全数量限定デラックス盤は、2CD+Blu-ray+特製グッズが含まれ、かなり豪華な内容が期待される。詳細は後日発表とのこと、収録内容を心待ちにしたい。 ☆Linked Horizon名義のあの曲はこちらへ!