LUNA SEA 14年ぶり横アリ公演でビッグなサプライズ
今年結成25周年を迎えたLUNA SEAが、12月23日に「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE」を横浜アリーナで行った。 このスペシャルアニバーサリーライブは、バンド結成記念日にあたる5月29日に行った国立代々木競技場第一体育館公演、そして12月21日のさいたまスーパーアリーナ公演に続く3本目。 先のさいたまスーパーアリーナでは、『ROSIER』でJが英語台詞の後マイクスタンドを放り投げた時に、セットを破壊するハプニングも。この25年間、ポジティブに破壊と構築を繰り返し、スケールアップしてきたLUNA SEA。そんな彼ら2014年最後を飾る公演を祝おうと、360度会場を埋め尽くす約15000人が横浜アリーナに集結した。 客電が落ち、大きな歓声が会場を包む中、メンバーが登場すると『Anthem of Light』からスタート。この日のセットリストは、最新アルバム『A WILL』の楽曲を中心に、『Dejavu』『TONIGHT』『ROSIER』と、LUNA SEAの伝説を彩る大ヒット曲が組み込まれ、そのたびに会場は大歓声と共に大きく揺れた。 途中のMCではRYUICHIが、「LUNA SEAも25周年を迎えました。そして、我らが地元・横浜アリーナも25周年を迎えました」と、約14年ぶりに帰ってきた横浜アリーナへの思いを寄せた。 本編が終わりメンバーがステージを降りると、会場からは『きよしこの夜』の合唱が沸き起こった。その歌に応えるように、サンタの帽子を被ったメンバーが再び登場。ジョン・レノンの『Happy X’mas(War Is Over)』のカバーを披露。LUNA SEAからのサプライズ・プレゼントに会場は酔いしれた。 さらにビックなサプライズもこの日ステージで発表された。2015年3月14日大阪城ホールにて「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL」が行われるとのこと。 このファイナル公演開催に際し、RYUICHIは「25周年、25万人を動員したファイナルを3月14日に大阪城ホールでやります。俺たちが初めて行ったそんな場所、大阪城ホールを世界一熱くするために突っ走りたいと思います」をコメントした。 全20曲披露した後、鳴り止まぬ歓声に応えるように、大ラス『Grace』を高らかに歌い上げ、LUNA SEAの“黒いクリスマス”は大団円を迎えた。 ■LUNA SEA名曲揃い!