安田レイが「いきものがかり」カバー曲で初のドラマ主題歌に抜擢
2014年の音楽シーンを賑わせた安田レイが来年1月からスタートのTBSドラマ劇場「美しき罠~残花繚乱~」の主題歌を歌うことが決定した。 10月8日にファーストアルバム『Will』をリリースしたばかりの安田レイ。2015年1月から全国5都市をまわる初のワンマンライブツアーも、既に東京・名古屋・大阪の公演がソールドアウトするなど、その勢いから目が離せない。 そんな安田レイの2015年最初のリリースとなる新曲『恋詩』が、1月8日(木)21:00スタートTBS木曜ドラマ劇場「美しき罠~残花繚乱~」の主題歌に大抜擢。 この曲は、いきものがかりの5thアルバム『NEWTRAL』に収録されている”大人の恋愛”を感じさせる人気曲で、今回の大人の男女のキケンな恋愛劇が複雑に絡み合うドラマ内容と、楽曲の世界観が絶妙にマッチすること間違いない。 ドラマの演出は「101回目のプロポーズ」や「バージンロード」を担当した光野道夫氏、脚本は「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」を手掛けた浅野妙子氏、というテレビ界のヒットメーカーが担当。これまでもドラマに並行して主題歌を大ヒットさせてきた仕掛け人でもあるため、期待も高まる。 プロデューサーの共同テレビの栗原美和子氏は主題歌起用に関してこう語る。「演出家の光野監督に相談したところ、探し出してきてくれたのが、いきものがかりの『恋詩』でした。聞いた瞬間、曲調も歌詞もこのドラマにピッタリで、是非ともこの曲を新しいアーティストの方に歌い直してもらって主題歌にしたい、と思いました。若手アーティストの安田レイさんに歌っていただければ、斬新な曲になると思い、依頼。いきものがかりの世界観に安田さんのフレッシュな魅力がプラスされて、素晴らしい主題歌が完成しました。」 また安田レイ本人も今回の大抜擢に関して「今回、初めてドラマの主題歌を担当させていただくことになり、不安や喜びが混じり合ってはいますが、『いきものがかり』さんのカバー楽曲なので、この曲を初めて聴いてくださる方はもちろんのこと、すでに原曲を知っていらっしゃる方々にも、どんな風に感じていただけるのか楽しみです。どんどん展開されてゆくストーリーを、更に盛り上げられるように歌いたいと思います。」と抱負を語った。 こちらの楽曲は、2015年2月25日に安田レイ5枚目のシングルとしてリリースされる予定だ。 ☆注目の安田レイ聞くならドワンゴジェイピー☆