GENERATIONS ニューシングルは谷原章介主演ドラマ主題歌に決定
1月28日に発売されるGENERATIONS from EXILE TRIBEのニューシングル『Sing it Loud』が 1月12日(月・祝)夜7:00よりオンエアーされる、月曜ミステリーシアター「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」主題歌に決定した。 GENERATIONS from EXILE TRIBEとしては、ドラマの主題歌に起用されるのは、本作『Sing it Loud』で三作品目となる。 そんなニューシングル『Sing it Loud』は、GENERATIONSの真骨頂でもある、疾走感溢れるダンスミュージックとなっており、『Sing it Loud』というタイトルの通り、GENERATIONSの歌やパフォーマンスを沢山の人に届けたいという思いが込められた楽曲だ。 番組プロデューサーである河瀬光(東映)は、「初めて聞いた際に、曲が持つ“疾走感”が刑事ドラマの“事件解決に向けたドキドキ”と共通すると思いました。月曜の夜のドラマを見終わって明日への活力をもらえるGENERATIONSさんらしい曲だと思います。」とコメントし、ドラマの世界観と楽曲、そしてGENERATIONSというアーティストとの親和性に強く共感を抱いている様子がうかがえる。 また、GENERATIONSのボーカルである数原龍友は、「2015年1枚目のSingle作品が、「警部補杉山真太郎」の主題歌に起用して頂けてメンバー一同心より嬉しく思っています。僕達の楽曲をよりたくさんの方に聴いて頂きたい気持ちと共に、少しでも今回のドラマを僕達の楽曲で盛り上げられればなと思います!僕達自身も久しぶりに攻めた楽曲に挑戦させて頂いたのでドラマと共に楽曲にも注目して頂けたらなと思います!(数原龍友)」とコメントし、2015年一発目のニューシングルリリースに、気合と熱意の高まりを感じさせる。 そんなGENERATIONSは、11月29日に行われた「EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014 ?THE REVOLUTION-」公演において、2月18日に通算2枚目のニューアルバム『GENERATIONS EX』をリリースすること、そして、2015年春よりスタートする全国ホールツアー&ワールドツアーの開催決定を発表し、東京ドームに集まったファンを大いに沸かせたばかり。 ニューシングル『Sing it Loud』、そしてニューアルバム『GENERATIONS EX』をひっさげ、全国ホールツアー&ワールドツアーというまだ見ぬ大きな舞台に立つというから、ファンならずとも彼らの挑戦をぜひとも応援してほしい。 【EXILE一族ニュース写真はクリック】☆EXILEの強力ラインナップはドワンゴジェイピーでチェック!