アプガ 自衛隊駐屯地で熱狂ライブ「貴重な体験胸に武道館目指す」
12月19日、アップアップガールズ(仮)が栃木・陸上自衛隊宇都宮駐屯地にて教練体験に挑戦。さらに駐屯地内で開催された「歳忘れ忘年会」にライブゲストとして出演し、自衛隊員らと熱狂的なライブを繰り広げた。 激しく、戦闘的なライブが特徴のアプガに宇都宮駐屯地からライブオファーが来たことで実現した今回のイベント。 ただライブをするだけでは物足りないということで、自衛隊員も行っている教練体験に参加させてもらえることになり、メンバーはこの日の早朝から宇都宮駐屯地へと向かった。 駐屯地内でメンバーは実際に自衛隊員に支給されているものと同じ服を身にまとい、早速教練体験を実施。まずは腕立て伏せ、腹筋、背筋、ジャンプといった数種目を規定回数行い、教官からの号令がかかるまでそれらを延々と続けるサーキットトレーニングに挑戦する。 普段から鍛えているメンバーは序盤こそ余裕の表情を見せていたものの、いつまでも教官からの号令がかからず次第に苦悶の表情を浮かべはじめ足取りも重くなる。それでもおよそ10分ものサーキットトレーニングで誰一人欠けることなくクリアし、“アスリート系アイドル”の看板は伊達ではないことを証明した。 さらに行進の体験では仙石みなみが号令をかける役となり、他のメンバーがそれに従いながら行進を実施。しかし仙石が号令のかけ方を忘れてしまい、あわや障害物に激突寸前といったハプニングも。 そして最後の教練体験ではゴム製の訓練銃を持ちながら匍匐(ほふく)前進にチャレンジ。メンバーの中でも森咲樹は初めてとは思えないほどのスピードで匍匐前進を行い隊員を驚かせた。 教練体験後、メンバーはここまでの感想を語った。 まず教練体験をしてみて、古川小夏は「もうすでに筋肉痛が始まってます。腕を上げるだけでもツライかも。鍛え直しですね」とその厳しさを語った。 今後アプガとしての活動にどう役立ちそうかという質問に対して森咲樹は「戦うアイドルとしては匍匐前進とかを振りに入れてみたい。そんなことをやるのは絶対に私たちくらいなので(笑)」とコメント。 また教練体験を経たアプガの次の目標を尋ねられると、佐藤綾乃は「今年は富士山山頂でのライブと今日は自衛隊の教練体験も挑戦しました。これからももっともっといろんなことに挑戦してたくさんの人に私たちのことを知ってもらいたい。そして私たちの夢である日本武道館に立つという目標に向けて一直線に走っていきたいです」と宣言。 さらに最近アイドルの改名が流行っていることについて、新井愛瞳が「私たちも(仮)を取るためにがんばっているので、いつかは(仮)を取って改名するんじゃないかなって思ってます。この流行りに乗って、私たちもメジャーデビューして(仮)を取りたいです!」と述べると、続けて古川小夏は「(仮)を取ってもこれまで培ってきたものは変わりませんから! 私たちはたとえ名前が変わってもさらに上を目指していきたいです!」と熱い思いを打ち明けた。 訓練後メンバーは駐屯地内の体育館に移動し、およそ2000人もの自衛隊員の前でライブを開催。メンバーは『イチバンガールズ!』からトップギアでパフォーマンスを行い会場を沸かせる。観客の自衛隊員も手にペンライトを持ちながら彼女たちの歌声にあわせて熱の入った応援を行った。 最初のMCで仙石みなみは「本日は素敵なライブに呼んでいただいてありがとうございます! 私たちは今年、富士山の山頂でライブを行ったりと常に上を目指して活動しています!」とまずはグループをアピール。また自己紹介では佐保明梨が得意の空手の型を披露し、自衛隊員の心をガッチリと掴んだ。さらに関根梓は会場の空気を温めるために「ワッショイ!」とコールアンドレスポンスを行い、会場に大歓声を響き渡らせた。 ここからは再び熱いライブが展開。メンバーは『UPPER ROCK』『アップアップタイフーン』といったナンバーで熱気の渦を生み出すと、ここで事務所の先輩モーニング娘。の『LOVEマシーン』を披露。聴き馴染みのある曲が流れると、自衛隊員も身を乗り出しながら手を“LOVE”のL字にしてライブを盛り上げた。 メンバーはライブ終盤、おなじみの『チョッパー☆チョッパー』『アッパーカット!』でさらに会場を盛り上げ、ステージ上から観客席へなだれ込み熱い思いを直接自衛隊員たちに届けた。全9曲を歌い上げたメンバーは感謝の気持ちを言葉にする。その中で佐藤綾乃は「私たちのことを知らなくてもこんなに応援してくれて本当にありがとうございます! 本当にこんな貴重な体験をさせていただいて感謝してます。皆さんが日本を守ってくれていることに感謝しつつ、私たちもアイドルとしていろんな人に元気を与えていきたいと思います! そして私たちは日本武道館でコンサートすることを目指しているんですが、今日の体験を胸にがんばっていきます!」と宣言し、大歓声に包まれながらこの日のライブを終えた。 【アプガ業界最多の情報量サイトはクリック】☆アプガ楽曲聞くならドワンゴで☆