ミオヤマザキ話題の不倫MV 過激すぎて自主規制
クリスマスイブの2014年12月24日にメジャーデビューする話題の4人組バンド「ミオヤマザキ」。彼らのデビューシングル『民法第709条』のミュージックビデオが、自主規制により公開中止となった。 不倫をテーマにした楽曲「民法第709条」のミュージックビデオは、セクシー女優の有村千佳が出演。旦那さんと奥さんと不倫相手、それぞれの目線映像で構成されたセクシーで過激な内容になっており、様々な仕掛けが楽しめるトリックムービー風の映像作品に仕上がっていた。 12月17日(水)から動画サイトで公開した直後から、その過激な内容が大きな話題となり、サイト上に賛否両論の書き込みが殺到した結果、自主規制という形で公開から3日目で公開中止となった。 ミオヤマザキのデビューシングル『民法第709条』は、人気歌詞検索サイト「歌ネット」の注目度ランキングで1位になるなど、12月24日(水)のリリースに先駆けて、様々な注目を集めている。