MINMI「東京の女の子って、なんで可愛い子が多いの?」とジェラシー
最新アルバム『BAD』を引っさげ、全国19カ所21公演の「MINMI LIVE TOUR 2014 “BAD”」を展開中のMINMI。 そのツアーのセミファイナルとなるライブを、12月17日、18日に東京 Zepp DiverCityにて開催した。今回はMINMIのセルフプロデュースで、衣装も6通りと華やかなライブとなった。 アルバムタイトル曲『BAD』のサウンドに乗って登場したMINMIは、「今日はお台場でヤッちゃいたいんです!! みんな、最高の歌声を聞かせてよ!!」とシャウト。会場は早くも全員総立ちで大合唱に。そして「ミンミー」のコール&レスポンス。 そんな演出をはさみながら、MINMIは『BAD』のナンバーを中心に歌い続けていく。『jealous』では、「東京の女の子って、なんで可愛い子が多いの?」「ジェラース」といったアドリブがポンポンと飛び出す。MINMIは「みんなもそんなん思うことあるやろ? 今日はそんなストレスを発散して帰ってな」とみんなに呼びかける。 『#ヤッチャイタイ』ではMINMI自ら短いコントを交えながら展開していく。『スマホfeat.SHINGO★西成』ではSHINGO★西成がサプライズ登場し、関西弁ラップで楽しませてくれた。 『アベマリア』のとき、MINMIはお客さんからの手紙を1通取り出し、読み上げる。それは3年間付きあった彼女への感謝の言葉と「結婚してください」とのプロポーズが綴られていた。その彼女からMINMIに届いたメールには「彼に逆プロポーズしたい」との言葉が・・。MINMIは二人を祝福し、「そんな二人にジェラス!!」とシャウトし、会場を笑わせた。 そして「世間のレールから外れることを怖がらないで。自分が一番やりたいことを勇気を持ってやってほしい」と曲に込められたメッセージを話し、アルバムタイトル曲『BAD』を披露した。 アンコールでは、恒例の「手紙」コーナー。これはお客さんが大切な人に伝えたい事を綴った手紙をMINMIが歌にする人気コーナー。その場で1通選び、その手紙に即興でメロディをつけて歌うというものだ。今回選ばれたのはお姉さんから愛する妹への手紙。MINMIはそれを美しいメロディで歌い、会場は感動の嵐に包まれた。 お馴染みのナンバー『シャナナ☆』で大団円。全23曲を歌いきったMINMIは、客席のみんなに投げキッスをして「また会いにくるよ。メリークリスマス!!」とステージを後にした。歌にダンス、MC、コント、そしてお客さんとの楽しいやりとり・・さまざまな要素を取り入れたMINMIのステージに、みんな大満足の様子だった。このツアーは12月31日、インテックス大阪でいよいよファイナルを迎える。 24日にはユニバーサルミュージック移籍後初のミュージッククリップ集『MINMIDVD』がリリースされる。本日ダイジェスト映像をユニバーサルミュージックが公開した。またユニバーサルストア限定のMINMIプロデュース「33チェーンバッグ」付きミュージックビデオクリップ集『MINMIDVD』もリリース。今年の年末年始はMINMIと#ヤッチャイタイ! MINMI楽曲はクリック!