一夜限りの再会 tofubeats with 森高千里にファン大熱狂
昨年、ゲストボーカルに森高千里を招き『Don’t stop the music』でメジャーデビューを果たしたtofubeats。 今年の夏、SUMMER SONIC 2014に森高千里 with tofubeatsとして出演し、tofubeatsによってリミックスされた森高千里の名曲とtofubeatsの曲をノン・ストップのDJ MIXスタイルでライブが進行していくというスペシャル・セットは人気を博した。その“伝説”のライブが、tofubeatsのメジャー1stフルアルバム『First Album』全国ツアーのスペシャル編、「Don’t Stop The Music “First Album” Special Night@WOMB」として、渋谷WOMBにて12月17日(水)に開催された。 「こんばんは!」と暗転した中に登場したtofubeatsに客席からあがる歓声。「いきなりだと心臓がびっくりしてしまうので準備運動からいきましょう。」と『No.1』からプレイ。tofubeatsが奏でるリズムにのせて自ら歌唱。熱気につつまれた会場をゆっくりと温め、観客も徐々に体を揺らし始めた。 tofubeatsが言うところの”準備運動”がすんだところで「お待ちかねの時間です!」と森高千里の登場に会場はさらに熱を帯びた。『手をたたこう』で手拍子にあわせ会場が一体になると、『ララサンシャイン』、『気分爽快』とおなじみのナンバーがノンストップで披露された。「ミラーボールに目立たないと!」と選ばれたお揃いのシルバーの衣装は、ステージにぴったりで、照明の光を受けてさらに輝いていた。 続くMCタイムでは、「サマソニでのコラボが好評で、それをうけて森高さんをここへお呼びしました。」とtoufbeatsが語ると、「寒い中きて下さってありがとうございます!リハでは寒かったけど、いまは熱気で暑いですか?」と森高千里が煽る。tofubeatsの声からスタートした『勉強のうた』、『ディスコの神様』を森高千里バージョンで、そして『私がオバさんになっても』と名曲のtofubeatsアレンジが続く。 会場が興奮に包まれる最中、「もっとあったかくなる曲を!」とドロップされた『ストレス』はメリハリのある大胆なアレンジ。続く『ジンジンジングルベル』では会場に用意されたクリスマスツリーや雪の結晶が舞い散るVJ映像もあいまって、この季節にピッタリの雰囲気。 そしてそこからは本編のハイライトとも言うべき、tofubeatsの代表曲である『水星』『朝が来るまで終わることのないダンスを』の森高千里バージョン。この日のピークを迎える2曲に続くラストの楽曲『Don’t Stop the Music』のイントロが響き渡ると、会場はこの日一番の盛り上がりに。 お馴染みの楽曲でもtofubeatsの手によって新たな音楽に生まれ変わり、そこに森高千里の声がのる。「音楽が聞こえるとき 気持ちはいくつになっても変わらない」そんな歌詞のフレーズがぴったりの、森高千里、tofubeatsどちらのファンも音楽を楽しめるライブとなった。 また本日のライブの模様は、3月にwowowにて「tofubeats with 森高千里 at WOMB LIVE Special Program」として放映が決定となった。今回、ライブを見逃した方は併せてこちらもチェック。