Yun*chi 初ワンマンライブ「今日は泣きません! 泣くかもしれないけど……。」
「はじめてのワンマンライブです!」。2014年12月13日(土)、Yun*chi初のワンマンライブ「Wonderful Wonder Wanman* ~Asterisk* of pink~」は、デビュー前に彼女が生まれて初めてライブを行ったという、思い出の秋葉原MOGRAで開催された。 前半はYun*chiのデビュー曲「Reverb*」をはじめ、数々の楽曲を手掛けるlivetuneのkzがゲストDJとして登場。さらに、ライヴ全編でPerfumeやサカナクション、 最近ではOK Go のMVなどを担当する映像ディレクター関和亮がVJとして参戦。鉄壁のトライアングルによって軽やかにポップチューンが繰り広げられていく。 なお即完したワンマンライブということもあり、当日は、ニコニコ生放送で配信され、1万8千人を越える多くのユンタリスタ*(Yun*chiファンのこと)が、晴れの舞台の目撃者となった。 ライブでは、フロアを扇情するlivetune adding Yun*chiの『Sign』や、ハードなエレクトロビートにキュートな歌声が鮮やかにからみあう『天使のゆびきり』、ニルギリスを脱退した岩田アッチュが手掛けた『Fuzzy*』による80’sセンスある極上のポップチューン、涙で出来た海をサーフィンして乗り越えようという『Surfer*』での宝石のようにキラめく展開など、胸アツなナンバーが続いていく。 中盤にはリラックスしたのかMCもだんだん饒舌に。最前列のオーディエンスに「タオルとかおそろいでいいですね! ……リア充か!」など、ノリ突っ込みで笑いをとるシーンも。しかし、お人形さんのようなルックス、アニメキャラのようなキュートな声で言われたら、場も和むから面白い。 本編ラストは、テレビアニメ「ログ・ホライズン」(NHK Eテレ)第2シリーズ・エンディングテーマである『Wonderful Wonder World*』へ。希望あふれるあたたかな雰囲気が、フロアを至福な雰囲気で満たしていく。 アンコールでは、2.5次元ポップチューン『Fairy*』で最高潮の盛り上がりへ。歌謡エレクトロ・クラッシュなサウンドがオーディエンスを煽る煽る。そしてラスト前に「今日は泣きません! 泣くかもしれないけど……。わたしは人としてはダメな子……。お洗濯とか嫌いだしぃ。でも、みんなのおかげで成長しています! ありがとう!!」と、集まったオーディエンスへ向けて、飾らない精一杯の感謝を伝えた。 そして、ラストは名曲『Your song*』で大団円をむかえる秋葉原MOGRA。全16曲を1時間半で駆け抜けたYun*chi。ライブを通じて彼女の楽曲を俯瞰して楽しんでいると、トリッキーなビートや、テンポが変則的に変化する楽曲など、独自の個性が感じられた。遊び心あるジャパンオリジナルな“2.5次元ポップ歌姫”=Yun*chiの活躍に注目すべし。 TEXT:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)PHOTO:HIROKI WATANABE Yun*chi 初ワンマンライブ『Wonderful Wonder Wanman* 〜Asterisk* of pink〜』生中継