沢尻エリカ主演の「ファーストクラス」がオネェに大人気
沢尻エリカ主演ドラマ「ファーストクラス」がファッション業界から飛び火し、思わぬ“業界”で話題持ちきりになっている。 その“業界”とは、通称“オネェ”の世界。ゲイやレズビアンの方々から熱い視線が送られているというが―。先日行われたTSSA授賞式で、プレゼンターのおぐねーこと小椋ケンイチ氏が、ドラマの中のブランド「TATSUKO YANO」のTシャツを自ら作成し着用して出席する一幕があった。 「僕の中で今年のアワードはドラマ【ファーストクラス】だったのよねー」「皆にほめられました」と、イベント関係者に大好評だったことを明かしている。 TSSAとは、「Tokyo SuperStar Awards」の略で、レズビアン&ゲイ・カルチャー、LGBTコミュニティの発展に貢献した個人・団体の功績に賞賛とエールを送るイベントだがスポンサー企業は超大企業ばかり、さらに日本のファーストレディー・安倍昭恵氏からもご挨拶が送られるほどの、超一流イベントなのだ。新宿2丁目をはじめ、一流イベント等、全国のオネェの方々から熱い視線を送られる「ファーストクラス」。ファーストクラスは他人の不幸を楽しむドラマ。さすがはオネェ。他人の不幸は蜜の味?!次回のファーストクラスはフジテレビ系にて12月17日22時より第9話が放送される。