やばすぎる!ホラー書が発売へ
いま児童書のジャンルでは、ホラーやオカルトのジャンルが熱いらしい。 妖怪や怪談、都市伝説など、さまざまなうわさ話や心霊奇談が本になっているが、学研教育出版から最近発売された「みんなの心霊新聞」は、大人が読んでもカナ〜リこわい。それもそのはず、著者名は「みんなの心霊新聞編集部」などとかわいいが、藤木TDCやケロッピー前田など、出版業界では名の知れたカルトライターたちが何人も健筆をふるっているのだ。どこかで聞いたような作り話ではなく、古今東西の本当にあったこわい話を集めたこの本は、今年のクリスマス、子供たちに贈る最高のプレゼントになるだろう。どうか、親子で思い切り恐怖にふるえあがってみてほしい。 「みんなの心霊新聞 恐怖!!本当にあった怪談奇談編」著・みんなの心霊新聞編集部/学研教育出版刊/本体850円+税