乃木坂46艶やか晴れ着姿披露 生田今年の漢字は「跳」
2015 年の年賀はがきはAR 機能がプラスされた「ぐるぐるAR 年賀状」が登場するが、そのコンテンツキャラクターに乃木坂46が決定した。 そして、12月15日は年賀状引受開始日ということで、乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、と芸人、ロッチのコカドケンタロウ、中岡創一が「2015年用年賀状引受開始セレモニー」に出席した。 当日は艶やかな晴れ着姿で登壇したメンバー。足元が覚束無い様子だったが、メンバー全員で「年賀状は25日までに出しましょう。」と元気にPR。7人のこどもたちの差し出しのお手伝いや、白石と生田による、年賀状引取開始セレモニーなどで華やかに今年もこの季節がやってきた。 2015年に登場するAP年賀状とは、専用アプリから年賀状の宛名面をかざすと、乃木坂メンバーの晴れ着姿や干支であるひつじのコスプレ姿など8パターンの「360℃ARフォト」(画が飛び出して見える)が見られる楽しい機能。さらに1月発売のファーストアルバムから『自由の彼方』『革命の馬』がBGMとして流れるが、アルバム発売まではこのアプリでしか聞くことができないという。 そのほかにも昨年から登場の、相手の住所を知らなくてもLINEで送れる年賀状や、動画の年賀状、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」が画像を入力するだけで年賀状のデザインを考えてくれる機能などの最新コンテンツをロッチの2人が面白おかしく紹介した。 セレモニー後のインタビューで、2014年の振り返りを聞かれた秋元は「今年はブリッ子じゃなく自然に可愛くいられたかな。来年はもっと可愛く!」と自画自賛し、メンバーは苦笑い。生田は「今年は乃木坂46は一段飛躍した年でしたので、漢字で表すと跳ねるの「跳」です!」と統括し、一転メンバーを感心させた。 ロッチが動画で年賀状が送れるなら、ショートコントを撮って送るといいかもです。の意見にメンバーが口々に欲しい!と笑顔を見せ、コカドが「じゃあ、LINE教えてよ!」と猛烈アタックを試みたが、全員つれない態度に終始した。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】 ☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!