卒業発表!高橋みなみとは何者なのか?
AKB48高橋みなみが、グループ結成9周年公演で来年12月8日にAKB48を卒業することを発表した。 AKB48グループ総監督の肩書で知られる彼女。我々は本当の彼女を知っているのだろうか? 現在では、高橋みなみといえば「リーダー」としての資質がクローズアップされるが、「必ずしも初めからリーダーではなかった」と話してくれるのは、初期段階からAKB48を追い続けるライターのブレーメン大島氏。 「初期のAKB48では、高橋みなみよりも、折井あゆみがリーダーとして認知されていました。高橋みなみも、折井あゆみの背中を追って活動をしていました。ハッキリと明言されているわけではないですが、折井が卒業をした時に自分の後継者として認知していたのが高橋みなみだったように思えます。初めは高橋みなみも年上の多いグループの中で非常に戸惑った部分も大きかったと思います。その中で、自分自身で考え試行錯誤をしたからこそ、今の高橋みなみがあるんだと思います。(ブレーメン大島)」 この頃の高橋みなみを支えたのは、「AKB48オリジナルメンバー」と言われる同期の初期メンバーの存在だ。 「1期は本当に何もないところからAKB48を育ててきたということで、取材者だった我々にも見えないような固い絆で結ばれていた。【親友】という言葉では語りきれないような、【同志】と呼ぶほうがふさわしい関係に思えます。中でも、高橋みなみを語る上で外せないのが前田敦子の存在です。前田敦子というと、ライバル関係だった大島優子との関係がクローズアップされがちですが、最も深い絆で結ばれていたのが高橋みなみです。今回、高橋みなみが12月8日の10周年のその日を卒業日に指定したのも、単純にキリがいいから、という理由ではなく彼女の中で10年間AKB48を全力で守り続けたということが、1期生達との絆を守ったと考えているのではないかと思えます。それくらいに、1期生達は特別な存在として認知されていると思います。(ブレーメン大島)」 現在残る1期生で同期の小嶋陽菜、峯岸みなみとともに、残り1年で後輩たちに何を伝えるのか?AKB48が10年、20年と続くグループとなるためには非常に重要なターニングポイントとなりそうだ。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】