秦基博がドラえもんと共に国境越える
秦 基博が歌唱する「ひまわりの約束」(3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)が世代を問わず“2014年今年を代表する一曲”として各メディアで取り上げられる中、ビッグニュースが届いた。 3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」がテレビアニメも放送されている台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、イタリア等59の国と地域で配給されることは既に発表されていたが、この度12月19日の公開を目前に控えた台湾での映画記者会見に秦がスペシャル・ゲストとして招聘され、初めて台湾の地を訪れる事となった。 12月11日記者会見当日、台湾以外の中国・香港も含むメディア70媒体以上が、会場となるTaipei Mandarin Oriental Hotel (台北文華東方酒店)に集まり、会見がスタートした。 映画のトレーラーが流れた後、司会者によって秦が呼び込まれ「皆さんこんにちは。秦 基博です。“ひまわりの約束”を聞いてください」と流暢な北京語で挨拶、大きな拍手と歓声を受け、『ひまわりの約束』の弾き語りを海外マスコミの前で初披露した。 台湾では日本同様、映画館での予告やテレビCM等で楽曲が大々的にプロモーションされており、現地での秦 基博&『ひまわりの約束』人気も急上昇中である。歌唱後ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが揃って登場し、秦も一緒にフォトセッションに参加。温かな雰囲気の中会場を後にした。 シングル『ひまわりの約束』(8月6日発売)とアルバム『evergreen』(10月29日発売)は既に、台湾を含むアジア・中東の22カ国、欧米・オセアニアの20カ国の合計40カ国で配信及びCD発売されており、今回の訪問ではCDのプロモーションも同時に展開、台湾で一番人気の配信サイト「KK BOX」や「Best RADIO」、「SET TV(三立台湾台)」等WEB、ラジオ、テレビの取材と多忙な日程をこなした。 『ひまわりの約束』の海外人気は台湾に先駆け、インドネシアは12月10日より映画が公開されており、映画公開後の各国のチャートアクションにも自然と期待がかかる。今回の訪台は、秦 基博の海外進出に新たな一歩踏み出す大きな足掛かりとなったと言えるだろう。 ※秦基博ラインナップは【クリック】!