「2014年一番思い出に残っている曲」ランキング発表
2014年も残りわずかとなってきたが、旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌「CD&DLでーた」は、10~60代の男女を対象とした、「2014年1番思い出に残っている曲」ランキングを発表した。(調査期間:2014年11月10日~11日) ●あなたが今年1番思い出に残っている曲は? 総合ランキングTOP20 設問:2014年に発売された作品の中で、あなたが1番思い出に残っている曲はなんですか。※曲名とアーティスト名、またその理由やエピソードもあわせて教えてください。 (有効回答者数 n=3087人)順位:曲名/アーティスト名1位:レット・イット・ゴー~ありのままで~/松たか子2位:麦の唄/中島みゆき3位:レット・イット・ゴー~ありのままで~/May J.4位:GUTS!/嵐5位:ひまわりの約束/秦基博6位:東京VICTORY/サザンオールスターズ7位:にじいろ/絢香8位:Dragon Night/SEKAI NO OWARI9位:ハッピー/ファレル・ウィリアムス10位:ゲラゲラポーのうた/キング・クリームソーダ11位:心のプラカード/AKB4812位:ラストシーン/JUJU13位:Darling/西野カナ14位:オモイダマ/関ジャニ∞15位:NIPPON/椎名林檎16位:何度目の青空か?/乃木坂4617位:ようかい体操第一/Dream518位:ローラの傷だらけ/ゴールデンボンバー19位:R.Y.U.S.E.I./三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE20位:他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS/一青窈 2014年も残りわずか。イベント盛り沢山な年末年始に向け、気持ちも街もざわついてきた。今回「CD&DLでーた」では、10~60代の男女を対象とした、「2014年1番思い出に残っている曲」というテーマでアンケート調査を行った。 総合ランキング1位は、『レット・イット・ゴー~ありのままで~』(松たか子)です。説明の必要もないほどの大ヒット映画、「アナと雪の女王」劇中歌。いろいろな方に歌われた楽曲で、映画もサウンドトラックも大ヒット。今回の調査でも、女性を中心に、幅広い層の圧倒的な支持を集めた。ランキングの3位には、May J.によるエンドロール版もランクインしており、まさに2014年を象徴する楽曲のひとつであるといえる。そして総合2位は、『麦の唄』(中島みゆき)。こちらも話題となっている朝の連続テレビ小説「マッサン」の主題歌で、特に60代からの高い得票を集めた。 全体的な傾向として、2014年はヒットした映像作品のテーマ楽曲がその作品とともに人々の心に残ったというケースが目立つ。寄せられたコメントの多くも、その作品の思い出にまつわるものだった。 以下、総合5位『ひまわりの約束』(秦基博)は3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌、7位の『にじいろ』(絢香)はやはり朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌、10位の『ゲラゲラポーのうた』(キング・クリームソーダ)と17位の『ようかい体操第一』(Dream5)は、ともにアニメ「妖怪ウォッチ」のオープニング&エンディングテーマだ。 また、映像作品ではないが、14位の『オモイダマ』(関ジャニ∞)は「熱闘甲子園」、15位の『NIPPON』(椎名林檎)はサッカー関連番組と、どちらも強く印象に残るイベントのテーマソングとなっていた。 そのほかの楽曲では、『東京VICTORY』(サザンオールスターズ)が総合6位にランクイン。1年ぶりのニューシングルとあって、“久々の新曲でうれしい”といったコメントをはじめ、“元気がでる・素晴らしい応援ソング”といったコメントが寄せられ、国民的人気グループへの期待に見事応えた楽曲といえるのではないだろうか。 さらに9位には、まさに“聴くだけでハッピーになれる”という『ハッピー』(ファレル・ウィリアムス)がランクイン。日本のマーケットではしばらく洋楽が低迷していたが、こういった「楽曲勝負」の作品も上位に挙がってきているのはうれしい限り。 また、18位の『ローラの傷だらけ』(ゴールデンボンバー)は、昨今のCDプロモーション手法の柱でもある「特典」の類を一切廃し、音楽だけを売るという、いわば「勝負」が話題となった。彼らのその心意気に感じ入ったファンも多かったと思うが、こうして人の心に残る楽曲となったようだ。 男女別の傾向では、『東京VICTORY』(サザンオールスターズ)、『ハッピー』(ファレル・ウィリアムス)、『心のプラカード』(AKB48)といった楽曲が男性の支持を集め、その一方、『GUTS!』(嵐)、『にじいろ』(絢香)、『Darling』(西野カナ)といった楽曲は女性からの得票が高い結果となった。 ただ全体的には、多少の違いはあれども、性別や世代別でランクインしている楽曲に大きな違いはなく、ヒットした映像作品などに寄り添うものを、今年の印象とともに挙げている方が多かったようだ。しかしそれも、そもそも楽曲に魅力があってこそ!の相乗効果だといえるだろう。 さて、今年1年間を通して、みなさんにとって心に残る思い出の1曲は何だっただろうか?そして迎える2015年。どんな楽曲が生まれてくるのか、今から楽しみになってきた。-CD&DLでーた編集部-